ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

3Dみーちゃん&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200531211007j:plain

こんばんは!

3Dみーちゃんです!?(笑)

躍動感、ハンパない!?

f:id:yosiokakanon3:20200531211116j:plain

先日撮った、陽だまりみーちゃんの別バージョン。気持ちよさそう♪

f:id:yosiokakanon3:20200531211212j:plain

スライディングみーちゃん。なんちって。

f:id:yosiokakanon3:20200531211256j:plain

「世界に広げよう、ともだちの輪っ!」

f:id:yosiokakanon3:20200531211349j:plain

今回は写真多めにまいりますー♪

f:id:yosiokakanon3:20200531211437j:plain

ワンダのラテリッチ「キャラメルナッツ」を先日初めて飲みました。

う、うまーい!!✨

濃厚で味わい深く、めちゃくちゃ美味しかったです。また飲もうっと♪

f:id:yosiokakanon3:20200531211741j:plain

旦那様撮影、みーちゃんです( *´艸`)伸びてますねー♪

f:id:yosiokakanon3:20200531211828j:plain

こちらも旦那様撮影みーちゃん。ぼやけて写ってるのがなんともおもろい(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200531211918j:plain

旦那様撮影、カナヘビさんです。かわいい(*´▽`*)←爬虫類好き。

f:id:yosiokakanon3:20200531212016j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200531212054j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200531212115j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200531212135j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200531212159j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200531212221j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第61話「時が変われば、動くものもある」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 海水は、シトリンのひざの下辺りまできていた。

 シトリンはスカートの裾を持ち上げ、明るく切り出した。

 

「そろそろ、行ってみよっかー」

 

「……どうして私を見ながら言うのです」

 

 アンバーが、少し呆れたように呟く。

 

「えっ。だって、一緒に行くでしょ?」

 

 さも当然、といった調子のシトリン。

 

「誰も一緒に行くなんて一言も言ってませんよ」

 

「ふうん? 行かないんだー?」

 

 アンバーは、シトリンの問いに答えず、ただ微笑みを浮かべる。

 

「……命は、大切にしたほうがいいですよ」

 

「当たり前だよー! 私、強いから、ちゃんと逃げるタイミングも心得てるもん!」

 

「……あなたがたとまた、お会いできると信じております」

 

「うん! たぶんね!」

 

「戦いだらけの生きかたの我らですが、また、こんな時間を持てたらいいですね」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/61/

猫の壁ドン。

f:id:yosiokakanon3:20200529214039j:plain

こんばんは!

みーちゃんの、壁ドンです!?( *´艸`)

実にお見事な背中。

f:id:yosiokakanon3:20200529214150j:plain

床の上で、踊ってる感を演出するみーちゃん。(たぶん違う)

f:id:yosiokakanon3:20200529214418j:plain

陽だまりのみーちゃん。

今日の午前中です。みーちゃん、体がぼっかぽかになってました(*´ω`*)

f:id:yosiokakanon3:20200529214616j:plain

昨日は、パート先の作業用エプロンを忘れて出社してしまいました☆

私服が汚れないように着用するってだけで、必須のものではないのですが。

そんなわけで、エプロンなしで、しれっと一日を過ごしてしまおう、私はそう密かにもくろんでおりました。

「なにも言わなければ、きっと、気付かれないですむと思う」

「いや。絶対みんな気付くって」

仕事が始まると、案の定、思いっきりパート仲間さんたちに気付かれ声をかけられました(早っ!)。

「どーしたの? エプロンないの?」

「はい。忘れましたー! でも、まあ、いいかなって」

「ロッカーに予備のあるから、貸すよ」

「大丈夫ですー(申し訳ない!)」

「なんだー? 私のエプロンが使えないってか!」←ツッコミ。

「い、いやいや。でも大丈夫ですよー」

結局、「私のエプロンが使えねえってか!」と切れ味のいいツッコミを入れてくれたパート仲間さんがエプロン貸してくれました☆ありがたや!

f:id:yosiokakanon3:20200529220956j:plain

そして今日。私はしっかりエプロンを持ちました。

しかーし。その代わり、携帯を忘れてしまってました……(笑)

いや、会社に持っていく物が結構多いのですよ。それでなんかしら忘れる。

タオルとか、休憩時皆で食べるおやつとか(笑)←おやつは責任重大!

f:id:yosiokakanon3:20200529222114j:plain

マスクしながらのお仕事は、本当に疲れます。

運動量の多い仕事+暑い職場なもので……。←気温が18℃くらいから半そでじゃないと暑く、作業中汗が出ます。

残業だったこともあって、このブログを書きつつ、いつの間にか居眠りしてました☆

これから熱中症の危険性もあるので、水分補給とか気を付けねばー!

f:id:yosiokakanon3:20200529222437j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

旦那さん、家のすぐ近くに隠れていた、すごくきれいな場所を発見しました! 美しいー✨

f:id:yosiokakanon3:20200529222659j:plain

とっても、気持ちよさそうな場所です。天気もよかったのですねえー。

f:id:yosiokakanon3:20200529223130j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200529223152j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200529223216j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200529223234j:plain

大変な毎日が続いておりますが、どうぞご自愛くださいね。

穏やかな毎日となりますように。

そうめん泥棒、リターンズ☆&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200524205141j:plain

こんばんは!

長い、みーちゃん( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200524205239j:plain

なんだか充電されてるみたいに見えます!?(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200524205319j:plain

ここのところずっと、パソコンの動作が少々おかしかったです。

画面の表示サイズが一定でなく、スクロールによって変更になったり、ワードの文字入力がうまくいかなかったり……。

いよいよ、パソコン様買い替えか……!? とどきどきしておりましたが、旦那さんが「キーボードに埃でも入ってるんじゃね?」

と一言。

掃除するエアー持ってないし、電気屋さんやホームセンターとか遠いし……。と思ってたところ、旦那さんが掃除機の細かいとこ吸うやつで、がーっとキーボードを掃除してくれました。

すると、あーら不思議!

今までの不具合が、嘘のように……!✨

本当に、埃だったんかーい!

よかったよかった、と喜びと安堵と同時に、己の不精さを恥じるのでした……。

そして、「ぶしょうさ」と入力して変換したら、「武将さ」と一発目に出たことに苦笑した私です(゚∀゚)チガウ……。

……しかしながら、ブログ書いてるたった今、またパソコンの画面の表示変更が勝手に起きてました。まだ掃除が足りんのか、調子が悪いのか、それとも私のキーボード操作が適切でないのか……。←変なキー押してる???

f:id:yosiokakanon3:20200524210119j:plain

こちらは、暑い一日となりました。

お昼にそうめんを食べました。おいしかったー♪(≧▽≦)

夏だな……。

ちなみに、みーちゃんはそうめんの匂い?に大興奮してました。

過去にみーちゃんがそうめんをくすねようとする「そうめん泥棒」という記事を書きましたが……。今年も「そうめん泥棒」登場です☆

 

yosiokakanon3.hatenablog.com

 

f:id:yosiokakanon3:20200524210751j:plain

「人聞きの悪いにゃ」

猫だから、「猫聞き」か?

f:id:yosiokakanon3:20200524210851j:plain

撫でられて、ご満悦のご様子。

f:id:yosiokakanon3:20200524211105j:plain

旦那様撮影、みーちゃんです。なんだかカタツムリに似てる気がします。(トラ模様と後ろの白いやつが殻に見えるせい?)

以下、旦那様撮影風景写真です~(*´▽`*)

f:id:yosiokakanon3:20200524211305j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200524211327j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200524211350j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200524211414j:plain

ツツジさん、満開ー!(≧▽≦)

f:id:yosiokakanon3:20200524211436j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200524211455j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第60話「え……。誰」投稿しました! 読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 森の中は、静けさが戻っていた。

 小鳥のさえずりや、虫の声が、それぞれの無事を確認し合うように、緑の中で遠慮がちに響き始める。

 

「さっきの異変は……、いったい……!?」

 

 魔法の力を持たないソフィアにも、それは感じられた。

 恐ろしい嵐が吹き荒れ、大地も揺れた。

 そしてそれはほんのつかの間のことで、今ではなにごともなかったかのように晴天が広がっている。

 通常の自然現象ではなく、なにか――、特別な恐ろしい力が働いているのだとソフィアは理解していた。

 アマリア、ダン、ライネ、そして魔導師オリヴィアは、青ざめた顔をして呆然と立ち尽くしている。

 

「ねえ! あなたたち、なんか知ってるんでしょ!? 今の、なに!? まさかフレヤたちと関係あるの……!?」

 

 ソフィアの濡れた髪から、雨粒がひとしずく落ちる。ソフィアの問いは、森の中にこだまするだけで返事がない。

 

「ねえ……! 教えてよ! そんな怖い顔をして、なにか感じてるんでしょ!?」

 

 ソフィアは、アマリアの細い肩を掴み揺らした。ソフィア自身が不安で、誰かの言葉がないと今にも心が押しつぶされそうだったのだ。

 

「ソフィアさん……。おそらく、先ほどのエネルギーの奔流は、フレヤさんやルーイ君たちとは関係ないと思われます」

 

「本当に!?」

 

「はい。本当です。ただ――」

 

 アマリアの硬い表情とかすかに震える唇が、事態がとても深刻であることを告げていた。

 

「なに!? なにが起こっているというの!? ちゃんと、わかるように教えて――!」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/60/

 

猫のお説教。

f:id:yosiokakanon3:20200523212632j:plain

こんばんは!

毎朝、鳴いて起こしてくれるみーちゃん。しかし今朝、旦那さんが起きてからいつまでも、ぼーっと座ってたら、旦那さんのすぐ脇でみーちゃんがお座りしつつ、何度も「にゃー、にゃー、にゃー」と旦那さんになにかを訴え続けておりました。

旦那さん曰く、

「みーちゃんに説教されてたみたいだった」

まったく、いつまでも起きないし、起きてもずっとぼーっとしてるんだから、と延々とお説教してたみたいだったらしい(笑)

猫に説教される男……( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200523214050j:plain

窓の外を見てたみーちゃんに、携帯のカメラを向けたら、「にゃー!」と言いつつ窓枠から降りてきました。

そして、

f:id:yosiokakanon3:20200523214205j:plain

めっちゃ甘えだした!(*´▽`*)

撫でてほしくて、ごろーん!

f:id:yosiokakanon3:20200523214256j:plain

撫でてあげると大変喜ばれました♪(*´ω`*)

f:id:yosiokakanon3:20200523214413j:plain

かくれんぼ、みーちゃん。

f:id:yosiokakanon3:20200523214449j:plain

ライジング。

 

アニメ「はたらく細胞」見終わってしまいましたー(ノД`)・゜・。

さ、寂しい~。すごくすごく面白くて楽しかった……!

キャラもそれぞれ個性的で(なんたって体の中での役割が違いますからねえ)、いいやつらなので大好きです……!

想像以上にロスに陥ってます……。

でも、来年一月に第二期が放送するらしい……!

そしてさらに、今年9月には映画上映予定らしいー!(≧▽≦)

ただ……、どうでしょう。予定通りに進むのでしょうか。

諸事情で延期になってしまったとしても、首をなが~くして楽しみに待っておりますー!✨

 

今日、会社のトイレの手洗い場付近になにかが落ちておりました。

てっきりハンカチかと思い、「誰か落としてるよー」と声をかけたところ、近くの人がそれを拾い上げてくれました。するとなんと、その物体の正体は……。

靴下でした。

トイレに靴下! 予想外です……! 

暑くて真冬以外は汗をかくような我らが職場、ロッカーは狭すぎてトイレで着替えをする人もなかにはいらっしゃいます。

でも、まさか靴下が落ちてるとは……!Σ(゚Д゚)たぶん創業以来初……?

両足分を丸めてある状態で、たぶん未使用の代えの靴下だとは思うのですが……。

 

その靴下、いったいどうしたものかと迷いつつ、とりあえず、トイレの外のすみっこに置いておくことにしました。

すると、事務所の誰かが発見してくれたらしく、退社時には廊下に「落とし物です」とメモに書かれ、まるで、鑑識に回すブツのように、ビニール袋に入れられたその靴下がぶら下げられておりました……。

クリスマスじゃ、ないよ……?(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200523220925j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200523220959j:plain

ツツジが咲きましたー♪

昨年よりたくさん咲きました! 

f:id:yosiokakanon3:20200523221112j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200523221134j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200523221200j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200523221228j:plain

寒暖差も激しい毎日ですね。

体調管理も難しいこのごろですが、どうぞお体をお大事になさってくださいね。

ダンボール、しっかり閉じておきましたよ&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200517213932j:plain

こんばんは!

閉じてあるダンボールがあると、乗ってしまう、猫あるある( *´艸`)

中身はお米ではありませんので、ご安心を!

なんか、ガムテープをしっかり張り付ける係みたいにも見えるなー(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200517214130j:plain

みーちゃん、丸いぞ……☆

f:id:yosiokakanon3:20200517214247j:plain

よいしょっと。

f:id:yosiokakanon3:20200517214324j:plain

登りましたー(≧▽≦)

f:id:yosiokakanon3:20200517214406j:plain

太めではありますが、さすがは猫、身軽です。

f:id:yosiokakanon3:20200517214505j:plain

あいかららず、私は枕難民です。

枕が全然合いません……!

ちょうどいい枕があったー、よかったー、と安堵したことも何度かあったのですが、数日たつとめちゃくちゃ合わなくて、首や肩がこってしまうのです……。

高さを調節しても、体の方が変わってしまうのか?ちょうどよくならないー(>_<)

昨日は枕を外して寝てました。

ちなみに、旦那さんも枕が合ってない様子。

うーん。この世界に自分に合う夢のような枕はあるのだろうか……。

(バスタオル作戦もだめでした。高さより材質や形状なのではないか、と最近は思っている)

高いお値段の品は手が出ないしなあ……。←合わなかったときのことを考えると目も当てられない……。

みーちゃんも、なにかを枕にしてる時があります。猫もたまには枕が欲しいのか(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200517220153j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200517220216j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200517220233j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200517220256j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200517220313j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200517220331j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第59話「意義や役割を超えるもの」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 限りなく空に近い流麗な山があった。

 高山に咲く可憐な野の花に囲まれ、その身を隠すようにひっそりと佇む屋敷。

 屋敷の周囲一面には、淡い虹色の結界が張られていた。

 

「カナフ……!」

 

「ヴァロさん……!」

 

「どうやってここまで……!」

 

 突然部屋の中に入ってきたヴァロの姿に、カナフは驚く。

 そのうえヴァロの背後には、カナフの監視をしたり世話をしたりする役割の高次の存在たちまで、皆笑顔でいるではないか。

 

「実は、私はこの屋敷の管理責任を任された者の親戚にあたりましてね――」

 

 ヴァロの言葉に、一番先頭にいる白い髪の高次の存在がうなずきながら微笑む。彼がヴァロの親戚の者らしい。

 

「それだけではございませんよ。私たちはカナフ様のお人柄をよく存じ上げておりますものですからね。なんとかして差し上げたいと常々感じていたのでございます」

 

 この屋敷は以前カナフが幽閉されていたときの建物であり、ヴァロの親戚という白い髪の高次の存在は、そのときもカナフの面倒を見ていた者だった。

 

「でも……、結界が……!」

 

 いくらヴァロの親戚が身内であるヴァロを通したとしても、張り巡らされた結界を自由に行き来することはできないはずだった。

 

「あの混乱で、結界が緩んでいました」

 

「あの混乱……!」

 

 あの地より遠く離れ、結界に囲まれていたカナフにもその異変は感じられていた。

 

「そのうえ、こんな収穫も……!」

 

 ヴァロが差し出した品を見て、カナフの顔いっぱいに驚きと喜びが広がる。

 

「天風の剣……!」

 

 ヴァロの手に握られていたのは、天風の剣だった。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/59/

 

 

アニメ「はたらく細胞」、面白くて元気が出ます!

f:id:yosiokakanon3:20200516220016j:plain

こんばんは!

ごろーん、となったみーちゃんの写真が撮れました(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200516220225j:plain

あっ。なんという大胆な一枚Σ(゚Д゚)

f:id:yosiokakanon3:20200516220348j:plain

先日、赤信号で停車しておりましたら、目の端になにか動くものが。

なんだ? と思ったら、

その猫さんは、歩行者信号が点滅に変わったとき、小走りで横断歩道を一気に渡っていきました!

ちゃんと信号通りに横断歩道を渡っていく姿、エライ!

そういえば、昔、横断歩道の前にお座りして、右を見て左を見て、もう一回右を見て、車が来ないのを確認?してから横断歩道を渡っていった賢い猫さんを見ました。

すごい……!✨

f:id:yosiokakanon3:20200516220821j:plain

それから、別の日の残業後の帰り道。

夜の道路の真ん中に、なにかが座って?おりました。真正面にこちらを向いている様子。

ん? と思ってよく見たら、

野ウサギ……!

ぴょんぴょんと慌てて逃げていきました。この前見たウサギより、茶色が濃くなっている気がしました。同じ個体だったのかなあ?

 

その翌日、今度はパート先へ向かう道の途中。

なにやら目の端に大きな野生動物の影が!

驚いてよく見ると、

カモシカ……!Σ(゚Д゚)

土手を力強く駆けのぼって逃げていきました。

山に住んでるとはいえ、まさか通勤途中でカモシカに出会うとはー!

私の人生で二度目のカモシカとの遭遇でした(*´ω`*)

 

そしてその日の会社の駐車場から会社に向かう途中。

停車している車を越えたとき、なにやらかわいい「顔」が見えました!

今度はなんだっ!?と思ったら、セキレイさんという小鳥さん!

(町中にも現れて、よく地面を早足で歩いているかわいらしい鳥です)

いきなり目撃、すぐ足元にいたので、とっても驚きました!

(一緒に歩いていた友人は、なんか落ちてるのかと思った、と言ってました☆)

 

思いがけない動物たちとの遭遇でした( *´艸`)かわいかったです♪

f:id:yosiokakanon3:20200516222048j:plain

TUTAYAさんのカードの更新手続きの際、DVDをレンタルしてきました♪

以前から気になっていたアニメはたらく細胞です!

とりあえず、第一話から第三話まで見ましたが、想像以上の面白さ、勉強になる&元気が出る大変な良作でしたー!!!ヾ(≧▽≦)ノほんと、遅ればせながらですが……☆

 

赤血球や白血球など、体の中で働いている細胞たちの世界を、人間社会に置き換えて表現するという大胆なお話なのですが、単純に面白いだけでなく、人体の神秘や生きているということのすごさ、素晴らしさも教えてくれる、とんでもなくすごいアニメです!

不安に満ちた今こそ、見るべきアニメだなあ、と思いました! 

自分の体の中で日々こんなとんでもない戦いが繰り広げられてるなんて……。

自分というもの、体というものは頭で考える自分だけのものじゃない、そんなことも考えさせられ、なおかつとても元気づけられ、勇気づけられました。あんなひとたちが戦ってくれてるんだから、もっと体を大切に、日々大切に暮らさなきゃなあ、と。

免疫力には、ポジティブ思考がいい影響を与えるといいます。自分の「中のひとたち」に感謝し、思いを馳せつつ共に頑張ろうと思ったら、本当に「中のひとたち」が喜んでくれるかもしれません( *´艸`)

続きも見るぞー!ヾ(≧▽≦)ノ楽しみ♪

白血球さん、イケメンです(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200516223756j:plain

TUTAYAカード、またもヒプノシスマイクとのコラボのものがありまして……。

それにするかどうか非常に迷いました……。年甲斐もなく……(笑)

名古屋、ナゴヤ・ディビジョンーッ!!←好き!(≧▽≦)

でも、登録作業とか考えると、怖気づいてしまうのです←オンラインで登録作業が必要らしい。ちゃんとできる気がしない(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200516225208j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200516225239j:plain

ツツジさん、蕾をたくさんつけました!

f:id:yosiokakanon3:20200516225313j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200516225331j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200516225355j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200516225418j:plain

体調も心も健やかに保つことがなかなか難しい昨今。

身の回りのささやかな楽しいこと、嬉しいことに感謝しつつ過ごしたいですね。

よい日々でありますよう。どうぞご自愛ください。

 

ボゴオオオオオオ……!&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200510200105j:plain

こんばんは!

みーちゃんの「ごろごろ」音が、「ボーボ、ボーボ」と機械のモーター音のように聞こえる私(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200510200315j:plain

聞き間違い?なにかの音がたまたまそう聞こえたのか謎ですが、今日、みーちゃんを撫でてたら、おなじみの「ボーボ、ボーボ」の後、

「ボゴオオオオオオ……!」と発動機のエンジンのような謎の音が聞こえ、みーちゃんが立ち上がり勢いをつけ小走りでどこかへ移動していきました。

みーちゃん、ジョジョ風効果音……?(゚∀゚)

よ、よくわかりません……(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200510200905j:plain

猫がパソコンのキーボードの上に乗ってしまい、謎の文字や画面が開くのは猫あるあるかと思います。

先日、旦那さんがパソコンで図面を作成していたところ、みーちゃんがキーボード上にON!

するとたちまち、図面の上に方眼紙のようなマス目が出てきたではあーりませんか!

みーちゃん、それ、どーやった……?

(私も旦那さんもどーやってそのマス目を作れるか知りません)

本日、旦那さんがパソコンのソニーのXアプリというミュージックプレーヤーを開けていたら、またまたみーちゃんがキーボード上にON!

すると、ミュージックプレーヤーが一瞬にしてUSBくらいの大きさに細長ーく小さーくなってしまいました……!

そんな機能あったのか……!Σ(゚Д゚)

それにしても小さくなりすぎ(笑)

みーちゃんに教えてもらうこと、結構あります。ただ、どうやるのか詳しいことは教えてくれませんが(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200510201827j:plain

なでなでしてたら、うっとり顔になったみーちゃん。

しかし、その後、

f:id:yosiokakanon3:20200510201917j:plain

体をくねくね!

f:id:yosiokakanon3:20200510201948j:plain

さらにくねくね! 後ろ足で蹴りー!

(私の服が冬仕様なのは見逃してください)

f:id:yosiokakanon3:20200510202110j:plain

「ん? それがどーした?」

変なかっこ連発のみーちゃんでした☆

f:id:yosiokakanon3:20200510202153j:plain

おまけ・桜とみーちゃんのお尻( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200510202245j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200510202321j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200510202344j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200510202406j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200510202438j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200510202504j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第58話「王者の責任」投稿しました! 読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

「あっ! 忘れてた!」

 

 空を飛んでいたシトリンだったが、なにかを思い出したのか、突然その場に停止した。

 

「翠―っ! 蒼井―っ!」

 

 キアランの耳をつんざくばかりのシトリンの大声。名を呼ばれた翠と蒼井が、こちらに近付いて来る。

 

「これ! お願いねーっ!」

 

 いつの間にか、シトリンの髪に二つのなにかが絡みついていた。絡みついていた、というよりは、正確には、髪がまるで手のような役割をし、物をしっかりと掴んでいるのだった。

 

 びゅん!

 

 シトリンの髪が鞭のようにしなり、力強く二つの物体を投げ飛ばした。それは、シトリンの作った棒のようなもの――魔法の杖にも剣のようにもなる武器――だった。

 翠と蒼井は、それぞれシトリンが投げてよこした武器を受け取る。そして心得たとばかりに黙ってうなずいた。

 

「誰か、それを使いこなせそうな人間にあげちゃってー!!」

 

 シトリンはそう大声で翠と蒼井に命ずると、またキアランを運び海の上を飛び始めた。翠と蒼井の姿もあっという間に見えなくなった。

 

「! 見つけたーっ」

 

 シトリンが嬉しそうに叫ぶ。

 

「私って、優秀―!」

 

 自分で自分を褒めつつ、シトリンはサントアル公国内と思われる海岸に降り立つ。

 海岸といってもその範囲は狭く、すぐに険しい岸壁が迫る。そしてその岸壁には、波により侵食されてできたような洞窟が、ぽっかりと巨大な口を開けていた。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/58/