ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

呪術廻戦ショコラグーテ&小説更新♪

こんばんは!

食器棚の上のみーちゃん😆

まんまるおめめ。

ひげ、天を指す👆

いろんなとこでごろごろ。

実は、昨晩ブログ投稿する予定でした。

でも、気付けば深夜。疲れて寝落ちです😆

日本各地でオーロラ観測……!

わが県でも見えたところがあったそうで、びっくり!!

そんなことあるんですねえ……。

見たい気もしますが、なんだか怖い気も……。

暑い日も、寒い日も、極端です。

この日はあたたかかった。うって変わって、今日は寒い!

そのせいかどうか、体もだるい~。

呪術廻戦「ショコラグーテ」のおまけ「スタンドアート」です!!

うお~、きれいだしかわいいし、これは嬉しいおまけっ!

(チョコのほうも、うまし!)

ちなみに、伏黒君だけ私が買い当てたもの、真人、ナナミン、真希さんは、メルカリで購入しました!

ええ。そうです。

私が欲しかったのは、真人!!!😆

でも、自力では引き当てられそうもない……。

そこで、メルカリ!

メルカリにあるかな~、と思って覗いてみたところ「真人、ナナミン、真希さん」セットというありがた~いセットが出品されていたのです~✨

出品者様、誠にありがとうございます~✨

 

アクリルスタンドのように、立てて飾れるんですが、背景というかデザインが素晴らしすぎて、このままにしてます。

これは色々集めたくなるなあ……←いや、我慢、我慢っ!

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那撮影)

ツツジさん、咲きました!

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「悪辣の魔法使い」第34話「最初で最期の宴」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……✨

 旅館の売店には、ド派手な広告文と共に饅頭の箱が並べられていた。

「よし。全箱、買うぞ。私が一括で払う。私に任せよ。ただし、荷物は分配しよう」

 魔法使いレイオルは、お買い上げする気満々で、腕まくりをしていた。

「全箱……!」

 思わず、小鬼のレイの声が変なふうに裏返る。

「誠にありがとうございます……!」

 売店の担当の女性従業員が、満面の笑みで、さっ、とそろばんを構えた。

「レイ。ダルデマ。こういうのを、大人買いって言うんだぞ」

 剣士アルーンは、もっともらしい顔つきで、小鬼のレイと、青年の姿に変身中の鬼のダルデマに、講釈していた。

「ん」

 従業員が鮮やかな手さばきでそろばんを弾きあげたとき、レイオルがふと視線を後方に送る。
 とてもかすかな羽音。
 窓が開いていたのだろうか。黒い糸のようなトンボが、どこからともなくレイオルの肩にとまる。
 薄い四枚のはねを、震わせる。

 ああ。

 レイオルはうなずき、目を細めた。

「お会計は合計で……、ございます!」

 高らかに従業員が合計金額を読み上げたとき、トンボは夜の闇に溶け込むように去っていった。
 レイオルは、一人呟く。

「今夜は、最初で最期の宴かもしれんな」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n8431ik/34

真人キーホルダーに荒ぶるみーちゃん&小説更新♪

こんばんは!

呪術廻戦、真人キーホルダーです……!✨😍💖

煩悩、炸裂です!!! きゃ~、かっこいい←!?

で、ちょっぴりお怒りのみーちゃん。

お怒りの原因は、寝て起きたばかりのとき、いきなり傍に置かれた&撮影のため。

そりゃあまだ眠い時、いきなり得体の知れんものを置かれて写真まで撮られたら怒るわな~。すまん……!

といいつつ、まだ撮る。

で、みーちゃんもキーホルダーを、取る。(両手でつかむ)

さらに、撮る。

なんだよお、の抗議の目。

これまた眠いみーちゃん。

眠い。

先ほどまで、みーちゃんは窓からお外を見てました。

人間の目には、真っ暗であまり遠くまで見えない。

いったい、みーちゃんはなにを見てたのだろう? 結構な時間見てました。

もしかして、夜のお客様かなあ。←動物。絶対動物。怖いものじゃないよ~、と、思う……。怖いもの(生きたニンゲン含む)だったら、怖すぎる!!😱

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

今年は本当に山桜さんの咲いてる期間が短すぎて、いつもより写真が少なかった💦

あっという間に、しかも大量の桜吹雪だった……。

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「悪辣の魔法使い」第33話「目の数と竪琴」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!✨

『ただし――、怪物の目の数には、くれぐれもお気を付けください』

 そのとき、小鬼のレイは楽器屋の店主の言葉を思い出していた。

 四ツ目。店主はあのとき、四ツ目だとなんて言ってたんだっけ……?

 たちこめる温泉の湯気。湯に浸かっているせいか、あのときの言葉をはっきりとは思い出せない。

「怪物ウォイバイル。やつの目の数は、四つちょうどじゃなかったか……?」
 
 魔法使いレイオルは、青年の姿に変身中である鬼のダルデマに、もう一度問いかけていた。

「ああ。うむ……。俺が『|先見の婆《さきみのばあ》』から繰り返し聞いていたウォイバイルの話は、まるで呪文のような、唄のようなものだった」

「呪文か、唄?」

「まあ、先見の婆の先見は、いつもそんな感じで表現される」

 ダルデマはそう述べていったん言葉を区切る。それから、ダルデマの口から表現された先見の婆の先見は、確かに節がつき、唄のようだった。

『大地の深い深い底。眠り続けるウォイバイル。目覚めるときはこの世界、三度目の滅びとなるだろう。大きな口持つその巨体、果てなく連なる山のよう。這えば地が裂けひび割れる。飛べば日が消え闇の中。光る眼の色、それぞれ違う。赤、黄、緑、青、四方を一度に見渡せる。飲み込む口と、出す毒で、世界が眠りに墜ちていく』

 湯が揺れた。レイオルが、ダルデマに詰め寄っていた。

「四色のそれぞれ違う目……! 四方……! 思った通り、おそらくやつは、四ツ目だ……!」

 レイオルとダルデマの様子を見ていた剣士アルーンが、思わず尋ねる。

「なあ。レイオル。やつの目の数、なんでそんなに知りたがっているんだ? まさか、ルミの竪琴、『怪物眠りの琴』の力が関係しているのか? だとすると、四ツ目の怪物は、ええと――」

 レイ同様、直接店主の言葉を聞いていたアルーンも、目の数の意味を覚えきれてはいなかった。そもそも、あの場でも、ややこしいから怪物には使わないほうがいい、とアルーンはルミに助言していた。面倒な店主の話は、忘れる方向だったに違いない。

「そうだ。『怪物眠りの琴』だ。あの竪琴は、四ツ目の怪物のみ、眠りから目覚めさせてしまう作用がある」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n8431ik/33

みーちゃん生誕祭と山桜さん&小説更新♪

こんばんは!

実はみーちゃん、本日を迎え、8歳となりました~✨

おめでとう、みーちゃん!!✨

猫の8歳は、人間で言うと48歳のようです。

見えん。

みーちゃん先生、若く見えますぅ~😆💗

これからも、元気でいてね。

いつもありがとう、大好きだよ~😸💖

ブレブレですが、ブースカのキーホルダーを掴んでるとこ。

今日はあたたかかった、というか暑かった。

今日はお休みですが、明日はシフト交換でお仕事です。

……祝日、忙しくないといいな……。

物干し台あたりを見守ってくれるみーちゃん。

これから洗濯物、干すよ。

眠い。眠すぎる。

今日は早朝起こされてしまった。そのせいもあるのかな~。

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

山桜さんたち、咲きました!

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「悪辣の魔法使い」第32話「饅頭怪物」投稿しました! 

 読んでいただけたら、とっても嬉しいです……✨

「この村は、温泉で有名でして、温泉目当てで訪れる旅人さんも、大勢いらっしゃいます」

 夕闇の中たどり着いた村の宿は、ちょっと有名な温泉宿らしかった。

 黒髪を高く結い上げた宿屋の女将が、にこやかに部屋へと案内する。

「ちょうど宿に空きがあって、俺たち、ラッキーだったなあ!」

 剣士アルーンが、うきうきとした様子で女将のあとを歩いていく。

 小さな村の中の、大きな宿屋だった。

「ふふ、お客様。ありがとうございます。でもまあ、この通り山の多い田舎ですからねえ。温泉が名物、といっても、年中満室、というわけにはいかないのでございます」

 部屋は、二部屋とった。魔法使いケイトと元精霊のルミの女子二名と、アルーン、小鬼のレイ、魔法使いレイオル、それから青年の姿に変身中の鬼のダルデマの男子四名、と男女分けた形だ。

 ちょっと遅い時刻になってしまったが、夕食も用意できるとのことだったので、お願いすることにした。

「準備いたしますので、これから皆様が入浴なさいますと、ちょうどよいと思います」

 食事は、大広間に六名分用意してくれるとのことだった。浴場のことや大広間の場所など、女将は手身近に説明し、そして、

「お部屋に、饅頭が用意してございます。ぜひ、召し上がってからご入浴くださいましね」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n8431ik/32

伸び上がる猫さん&小説更新♪

こんばんは!

伸び上がる、みーちゃん😆

これらの写真を見た、旦那さんは「いったい、どこまで伸びあがるんだ」と驚嘆の声を上げておりました😆

謎のXポーズ。

紙袋の「かさかさ音」が楽しいらしい。

それにしても、今年の桜は咲き始めから散るまで、やたら早かった気がします。

我が家付近の山桜はまだ開花しておりませんが。

昨日タイヤ交換してもらいました。

毎年今くらいの時期に交換してます。4月は、さすがに積りはしないですが。

こたつ板の上の猫。

こたつはまだまだ活躍する模様。

ずっと「蒙古タンメン中本」インスタントラーメンは辛すぎて無理だろうと敬遠してましたが、おいしそうだなあと気になっておりました。

(混ぜそばのほうは食べられたけど、ラーメンは無理かなあとあきらめてた)

が!!

食べてみたら、うまい……✨食べられるやんけ……!!

まあ、お体にはよろしくないでしょうから、頻繁には食べられませんが、買い置きスタメン(まさにスタ麺)になりそう🥰

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「悪辣の魔法使い」第31話「吊り橋と祝福」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……✨

 びゅう、と湿った風が吹き上げてきた。

「吊り橋が、落っこちてるじゃん!」

 剣士アルーンが、前方を指差し叫ぶ。

 断崖絶壁。はるか下には、大きな川が流れている。

 ここに吊り橋があったという印の二本の木の柱が残っているが、ロープは垂れ下がり、続く橋板も岸壁に沿うように垂れていた。

「ほう。人間は、こっちの崖から向こうの崖へ渡れるように細工していたのか」

 青年の姿に変身している鬼のダルデマは、ひょいっとロープを引っ張り上げ、橋板をまじまじと見つめた。

「ふむ。なるほど。すごいな。人間の知恵と技術は」

「残念。この川を渡って森を抜けると、村があるらしいんだけどなあ。遠回りするしかないか」

 アルーンは広げた地図に目を走らせつつ、ため息をついた。

「遠回り? さほど急ぐ旅でもあるまいし。ここを通れなくても別にいいんじゃないか? なんなら、崖を降りて川を渡り、向こうの崖を登ってもいいぞ」

「ダルデマ! あんたはそれで構わないだろうけど。俺らは――」

 アルーンがそう言いかけたとき、魔法使いレイオルと魔法使いケイトは、切り立った崖の下をのぞきこんでいた。

「どうして吊り橋が落ちたんだろうな」

 と、レイオルが言う。

「崖の下から、異様な気配が――」

 と、ケイト。

「怪物! 怪物がいるんだあ!」

 小鬼のレイも叫んでいた。元精霊のルミは、少し怯えてレイに寄り添うようにしていた。

 ダルデマは、ロープから手を離す。がたたん、たん、と音を立て、切れた吊り橋は崖を這い落ちる。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n8431ik/31

意外なところでどんぶらさん&小説更新♪

こんばんは!

私の住む地域付近も、桜が満開となってきました🌸

ただし、我が家周辺は山、家の近所の開花はもう少し先のようです。

花粉症はひどいです……💦例年よりはなぜかマシなのですが、それでも体はだるいし目も鼻も辛い😭

私の場合、スギよりもヒノキの花粉のほうが影響受けてるのかな~。

大谷さん、すごい……✨ホームラン&大活躍。

この辛いだろう今、野球への姿勢や周りへの振る舞いが変わることがない……✨

応援しています。そして、大谷さんのもとにこれから明るいできごとや幸せなことがたくさん訪れるよう、祈っております。

スリッパ。安心してください、履いてません😆

先週書きそびれてましたが、先週の仮面ライダーにドンブラザーズのソノザと雉野氏がゲスト出演しておった……!

びっくりした! なんちゅーサプライズ!🤣

でも、高校生役って……🤣

大胆なポーズ。

大胆なあくび。

旦那様撮影みーちゃん😽(以下旦那様撮影写真)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「悪辣の魔法使い」第30話「空の魔法文字」投稿しました✨

読んでいただけたら、とっても嬉しいです!

 朝の光のもと、美しい音色が森に響く。枝の上には小鳥たちが、並んで音楽に聴き入っている。

「とてもいい音楽だね」
 
 緑そよぐ木の根元、小鬼のレイと鬼のダルデマは、笑顔で感想を述べた。
 高く低く、清らかな音を響かせているのは、元精霊のルミ。竪琴を奏でていた。
 竪琴は、「怪物眠りの琴」。魔法使いケイトの故郷、星聴祭の町の、楽器屋で購入したものだ。
 ちなみに、「怪物眠りの琴」とは、その名の通り、奏でることで怪物を眠らせる効力を発揮する。ただしそれは、三つの目の怪物にのみ限定される。
 目が二つのレイとダルデマは、あの店主の商品説明通りの感想を述べていた。二つ目の者たちへの眠りの効力はない。

『とてもいい音楽だね、と褒めてもらえるそうです』

 これが二つ目の怪物や五つ以上たくさん目がある怪物に竪琴を聴かせてしまった場合の、竪琴の効力だった。
 ルミは微笑み、少し余韻を持たせてから、つま弾く手を止めた。ちょうど一曲弾き終えたところのようだった。

「あっ、違うよ。ルミ。本当にいい音、いい音楽だからそう感想を述べたんだよ。これは、竪琴の力じゃないよ」

 店主の説明を思い出し、慌ててレイは弁明した。店主や竪琴についての話を聞いていなかったダルデマは、レイの言葉の意味がわからず、必死な様子のレイに首をかしげた。

「いい音楽でいい音色で、そしていい竪琴だ」

 そのとき魔法使いレイオルは、ルミの演奏も楽器としての竪琴の音色も、それから竪琴の不思議な力も、すべて肯定していた。レイオルには竪琴の能力についてもお見通しのようだ。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n8431ik/30/

 

ふきのとう、出たわよ。&小説更新♪

こんばんは!

この出オチ感😆

大谷さん、一号&二号ホームランめでたい✨

すごくホッとしたし嬉しかったです✨

エンゼルスのレンドンの初ヒットや盗塁も、よかった……✨

今回も時間がない……。

ほぼ写真のみブログです💦

今日は20度超え。あたたかい一日で、今日が仕事の日でなくてよかった~。

(職場だと絶対半袖だな……)

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

ふきのとう!

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「悪辣の魔法使い」第29話「大岩の降りかた」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです✨

 降り注ぐ星の光のほど近く、そこは大きな岩の上。

「レイオル。ちょっと考えごとしてたんだ。今、降りるね」

 小鬼のレイは、そう返事をし、今いる岩の上から魔法使いレイオルのいる地上へ、降りようとした。

 

「私がそちらへ行く」

 レイオルがレイに返事をしたが、そこは人の背丈の三倍近くある、大岩だった。小鬼のレイにとっては難なく登れるが、人間のレイオルにとっては大変かも、とレイは思う。

「もうそろそろ戻ろうと思ってたから、俺が降りる――」

 と言いかけ、レイが改めてレイオルの顔を見下ろすと、

 どばばばば。

「来た」

 レイの目線に、あっという間にレイオルの足。見下ろしていたはずのレイオルの顔は、レイよりも上にある。レイオルはレイの目の前、まるで宙に浮かんでいるように立っている。

 どういうこと!?

 レイがレイオルの足の下に目をやれば、勢いよく吹き出す水の柱。レイオルは、水柱の上に平然と立っていた。

「よっ、と」

 レイオルが掛け声と共に岩の上に降り立つと、水柱は急に重力というものを思い出したよう、たちまち下降し始め、水音を立てながら地面に吸い込まれるように消えてしまった。

「なにそれーっ!」

「水脈があった。それを利用し、上に運んでもらったのだ」

「そんなことしなくても……」

 無駄なところで魔法を使わなくても、とレイは思う。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n8431ik/29/

昭和の戦隊&小説更新♪

こんばんは!

先日、ユーチューブにて東映の無料放送の戦隊もの「バトルフィーバーJ」を主人が発見!

昭和の戦隊ものです。

いや~、タイトルとかビジュアルとか、「懐かしのヒーロー図鑑」とかいうような本で見て知ってましたが……。

想像以上に驚愕の内容、面白さでした✨

で、初めて見たのがどういうわけか、戦隊メンバー、バトルコサックの殉職回……!😱

えええ~! メンバー交代なんて有りなのかって、すごいびっくりした💦

銃撃に倒れるのですが、予備知識がほとんどなかったので、見ていて「え!? この人たち、純粋な人間じゃないんだよね!? 死なないよね!? めっちゃ撃たれてるけど、たぶん、改造人間とかそういった超人で、大丈夫だよね!?」と見ていました……。まさか、殉職してしまうとは……。

 そして、そのあと第一話を見たという。←なぜ。

 敵が「カルト宗教?」的な感じとか、メンバーは各自世界のダンスを取り入れた戦闘スタイル? とか、30分に濃いストーリー展開とか、色々驚きどころがありましたが……。

 女性メンバーのミスアメリカの美しさにもびっくり……✨

 なんちゅう美しさ、かわいらしさ……😍

 私は二つの話しか見てませんが、これはすごい異彩を放つ強烈な魅力のヒーロー作品といえよう……。

 昭和、恐るべし。

 

ブレブレ😆

十六本傘の、一個が外れてしまった。なんか修復不可能っぽい。

でも、他の十五本の骨があるから、買い換えるのもなんだな~。

少し様子をみてみようっと……。

タツの中のみーちゃん。こたつの明かりがSFチック!?

タツの中🤩暗闇にぼんやりと、みーちゃん😆

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「悪辣の魔法使い」第28話「小さな光でも」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!😍💗🌈🦄

 人の姿に変身しているダルデマは、目に入った倒木を持ち上げると、適当な長さにへし折った。人ではない、怪力のなせる技である。

「こんな感じでいいかな」

 ダルデマは、へし折った木を剣のように構えた。

「ああ! 頼む、ダルデマ!」

 対するは剣士アルーン。
 実は、アルーンがダルデマに剣の相手を依頼していたのだ。アルーンの、たっての願いだった。

「強くなりたいんだ! 俺は!」

 怪物になすすべもなく連れされられてしまったことが、もっと強くならねば、とアルーンを駆り立てていた。

「俺は人間のいうところの剣術は知らん。それでもいいのか」

「頼む! 鍛錬に付き合ってくれ」

 そんなわけで、今ダルデマとアルーンが木と剣、互いの武器となるものを持ち向き合っていた。

「遠慮なく斬りかかってこい。俺は……」

 ダルデマが、左手のひらを天に向けつつ軽く指を曲げ、手招きするような仕草をした。

「やああああっ!」

 アルーンが駆ける。ダルデマが、右手に持つ倒木の幹で、アルーンの大剣を弾くと想定しつつ――。
 青い火花が散った。

「え」

 アルーンが呟く。

「お」

 ダルデマが呟く。
 風の流れが、止まった。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n8431ik/28/