ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

ぷっちょ一目ぼれ&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200809201948j:plain

こんばんは!

先日の朝のこと。

みーちゃんが、必死になにかを訴えておりました。

そして、少し離れて窓を見つめております。

外を気にする様子がいつもとなんだか違うので、「一体どうしたんだろう?」と不思議に思っていると、外から入ってきた旦那さんが、

「さっき、庭の傍を熊が通っていったぞ」

と言うではありませんか……!

そのとき、ちょうど旦那さんは外にいて、間近で通り過ぎる熊を見てしまったそうです。

「なんだか、楽しそうに走ってったぞ」

……楽しかったかどうかは、謎ですが……(゚∀゚)

みーちゃん、どうやら窓から熊が走り抜けていくところを目撃してしまったようです。

いくら山に住んでおり、熊も我々住人も割と慣れてきている?とはいえ、やはり危険な猛獣、充分気を付けねばなあ、と旦那さんと改めて気を引き締め合ったのでした。

今朝も、近くで熊よけの空砲?が鳴らされてました。ほんと、気を付けねば。

f:id:yosiokakanon3:20200809203253j:plain

先日のみーちゃん変なかっこの続き。ねじれ具合……。

f:id:yosiokakanon3:20200809203343j:plain

突然ですが……。スーパーで一目ぼれして購入した「ぷっちょ」!

なにこの素敵な絵はー!と、予備知識ゼロで思わず買ってしまったのでした(笑)

「ツイステッドワンダーランド」というスマホ向け?ゲームらしいです。

やってみたい! と思いましたが、残念ながら私はガラケーガラホ)なのでできませーんっ(>_<)

うむー。残念……。

f:id:yosiokakanon3:20200809204227j:plain

ぷっちょの中身(笑)

私の一番好みのキャラ、マレウスさん(左上)が四つも入ってましたー!

シール付き、ということですが、シールのサイズが、ち、小さい……!Σ(゚Д゚)

(一番下の一枚。おまけ史上最少のシールなのでは……?)

かっこいいですが、も、もう少し大きさプリーズ……。

ちなみに、ぷっちょのお味も大変おいしゅうございました(*´ω`*)

いやー、ゲームはプレイできませんが、ネットで色々検索して、ゲーム世界の美しさ、かっこよさを堪能させてもらってます。

また「ぷっちょ」を買ってしまいそうな自分が怖い……(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200809204830j:plain

ぷっちょ撮影会をしていたら、みーちゃん乱入。

なんですか、ワタクシのことを軽蔑しきったようなその目は……。

f:id:yosiokakanon3:20200809205005j:plain

暑い日が続きますね。

来週もとても暑いらしいですね……。

こちらは、本日、よい風が窓からたくさん入って、とても涼しく過ごせました。

熱中症など体調には充分お気を付けくださいね。

f:id:yosiokakanon3:20200809205214j:plain

ちらり。

覗き見る、みーちゃん。

f:id:yosiokakanon3:20200809205321j:plain

夕方、家の前の道路から、近所の子たちの賑やかな明るい声が聞こえてきてました。

みーちゃん、急いで窓辺に飛び乗ります。楽しそうな声にわくわくしてるのかと思いきや、お耳が警戒モード!

うむー。そうか。一緒に遊びたい感じではないのか(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200809210220j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200809210305j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200809210323j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200809210340j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200809210402j:plain

お月様と、木星。写真には写ってないようですが、肉眼では土星も見えていたそうです。

f:id:yosiokakanon3:20200809210545j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200809210602j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200809210627j:plain

またクワガタの女の子が来てくれました(*´ω`*)

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「天風の剣」第71話「満天の星」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 海の中、深いところを進む。

 キアランたちは、シリウスと別れ、皆のいるもとへと急ぐ。

 皆、警戒していたが、パールの潜む気配はどこにもなかった。

 

「大丈夫か。カナフ」

 

 シルガーは、キアランとライネを支えながら、後方からついてくるカナフを案じた。カナフは、アマリアを支えながら深海での移動を続けていた。

 

「シルガーさん。私は大丈夫です。シルガーさんこそ――」

 

「もうすぐ陸地だ。耐え抜け」

 

 ゆっくりと、浮上する。黒の世界から、青の世界へ。

 シルガーやカナフは、おそらく急な浮上でも平気なようだが、キアランたちの体を考え、努めて緩やかな上昇にしているようだった。

 

 ザバア……!

 

 星空だった。

 

「夜になっていたのか……!」

 

 いつの間にか、すっかり夜になっていたことにキアランは驚く。

 

 ばちん……!

 

「あ……」

 

「もう必要あるまい?」

 

 シルガーが、キアランとカナフ、アマリア、それぞれを包み深海の中守ってくれていた巨大な泡を、消してくれた。

 キアラン、ライネ、アマリアは海に浮かびながら、久しぶりとなった新鮮な外の空気を、肺一杯に吸い込んだ。

 

 やっと、皆のいるもとへ……!

 

 キアラン、ライネ、アマリアは、顔を見合わせ、そっと笑い合う。

 

☆続きは、こちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/71/

リンゴ黒酢に乾杯&感動✨

f:id:yosiokakanon3:20200805150130j:plain

こんにちは!

今日は朝から暑いですー(>_<)

シーツを洗濯し干しましたが、早く乾きそうです(*´▽`*)

f:id:yosiokakanon3:20200805150312j:plain

みーちゃん、今日も変なかっこしてます(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200805150352j:plain

こんなかっことか。

f:id:yosiokakanon3:20200805150426j:plain

こんなかっことか(笑)

↑ちょっと牙が出てるとこ、いい感じです!?

f:id:yosiokakanon3:20200805150516j:plain

先日、テレビでお酢の効能の特集をやってました。

ダイエット(内臓脂肪の減少!)や血圧低下によい効果が……!

(まあ、私は低血圧なのですが。旦那さんはちょっと血圧高め)

もちろん、個人差がありますし、効果が見られる人と変わらない人とあるらしいです。

毎日大さじ1~2杯程度の摂取でいいらしいです。(飲む場合はもちろん、必ず薄めて)

ただし、効果が現れた人も、継続をやめると元の数字に戻るとのこと。続けるのが大事なんですね。

私の場合、料理などに使われるお酢は好きなのですが、飲むタイプのものは苦手でした。

でも、毎日続けるにはやはり飲む方が楽だなあ~と思い、おそるおそる「リンゴ黒酢」に挑戦してみました。

すると……!

「めっちゃ、うまいじゃないかーい!!✨」

昔飲んだものがたまたままずかったのか、それともリンゴ黒酢界が進化したのか、はたまた、単純に私が歳をとったため(笑)味覚の嗜好が変わったのか。

びっくりするくらい、おいしく感じられました……! そして実際、びっくりしました!(笑)私の黒酢解禁日がくるなんてー!!←ほんと、昔は嫌いだった……。

そして、疲れがとれる……! 疲れにくくなった……!

想像以上に体に合っていたらしく、旦那と私のよい健康習慣に定着しました♪

ダイエット&血圧のほうの効果はまだわかりませんが、今ではリンゴ黒酢を飲むのが楽しみになってます( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200805152039j:plain

Amazon様の箱に「IN」するみーちゃん。

f:id:yosiokakanon3:20200805152136j:plain

やはり、新しくきたダンボールには、どうしても入らざるをえない模様(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200805152234j:plain

そして、そのテンションのままおなじみの箱にも「IN」。

箱入り息子です( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200805152354j:plain

高いところでも、うっとり(*´ω`*)

f:id:yosiokakanon3:20200805152438j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200805152503j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200805152529j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200805152546j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200805152606j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200805152700j:plain

暑い日が続きます。

どうぞご自愛くださいね。

 

 

またまたみーちゃん、充電感。&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200802220109j:plain

こんばんは!

またしても充電されてるみたいなみーちゃんです( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200802220158j:plain

前回の記事でも書きましたが、みーちゃんは、なぜか、

f:id:yosiokakanon3:20200802220226j:plain

爪とぎの上で寝てたりします☆

なぜこの細長いかつ、肌触りの悪そうなスペースの上でくつろぐのか……。

f:id:yosiokakanon3:20200802220352j:plain

「なにか問題でも?」

いえ。問題はありません(笑)ただ、謎なだけです(゚∀゚)

f:id:yosiokakanon3:20200802220455j:plain

いつも晩ご飯にあげてるカリカリが、売り切れてたので、ちょっと違う(ご馳走っぽいやつ)カリカリを買ってみました。

すると、ものすごい勢いで食べる、食べる!

食べ過ぎになりそうなので、一箱終わったらいつものに戻そうかな。←後戻りはできない、ばかなことはやめるんだ!、みーちゃんの叫びが聞こえてきそう!?(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200802220826j:plain

暗いとこの、おめめぱっちりちゃん( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200802221007j:plain

「道の駅ばんだい」さんで撮影。ツバメさん。

f:id:yosiokakanon3:20200802221041j:plain

なんと、こんなとこに入ってきていたのです!Σ(゚Д゚)かわいい♪

f:id:yosiokakanon3:20200802220915j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200802220946j:plain

こういう写真、私大好きだったりします!

f:id:yosiokakanon3:20200802221146j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200802221204j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200802221229j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200802221249j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200802221306j:plain

今日も発見、謎きのこ。

f:id:yosiokakanon3:20200802221345j:plain

これも本日、ニューキノコ。ブランニューきのこ。

f:id:yosiokakanon3:20200802221454j:plain

本日の栗さん。

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「天風の剣」第70話「希望の子ら」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 深海の暗闇の中、新たな金の光が差し込む。

 

シリウスさん……!」

 

 アマリアが目を見張り、その名を叫んだ。

 

 高次の存在……! 純白の翼が、四枚……!

 

 キアランは、突然目の前に現れた、四枚の翼の高次の存在に戸惑う。

 カナフは、とキアランがカナフのほうへ視線を向ける。カナフもシリウスと呼ばれる高次の存在を見て、どういう思いかはわからないが、少し驚いているようだった。

 カナフは、自分の胸に手を当て少し息を吸い込み、心を整えるようにした。それから、シリウスに対して言葉を選ぶように、ゆっくりと口を開いた。

 

「……ヴァロは、自ら犠牲となる道を選びました。それは、我々に、あの四天王の急所を知らせるために、とのことです――」

 

 カナフは、キアランやライネ、シルガーから聴いたヴァロの行動の真意を、シリウスに伝えた。

 

「そうだったのですね――」

 

 シリウスの瞳は揺れ動き、改めて強く胸を痛めたようだった。

 

「アマリアさん……! あの、シリウスさんって――」

 

 シリウスを知っている様子のアマリアに、キアランは小声で尋ねる。

 

シリウスさんは、私たちの村を訪れてくださり、様々な情報をくださるかたです」

 

「あ! 『翼を持つ一族』と呼ばれる、高次の存在……!」

 

「はい……!」

 

 アマリアは、キアランを見つめ頬を染め、少しはにかんだ笑顔でうなずく。

 アマリアの恥じらうような仕草を見て、そこで初めてキアランはハッとした。

 

 そうだ……! さっき、アマリアさんは、私に……!

 

 いきなり鮮明に先ほどの出来事が、キアランの脳裏に蘇る。

 泡の壁越しの、口づけ。忘れていたわけではないが、戦いに気を取られていたキアランは、そのことを思い返し意識する時間も余裕もなかったのだ。

 

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/70/

 

最新の車より、少し古い方が好きです。私は。

f:id:yosiokakanon3:20200729211654j:plain

こんばんは!

今日は、車の車検の日。代車を借りました。

「古い型ですけど……」

と説明しつつ貸してくれた代車は、今の新車にはたぶんもうない、キーをドアに差して開ける&エンジンスタートもキーを差して発動のもの!

久しぶりで、新鮮な感動がありました……!✨

と、いいますか、私はこのキーで動かす感じが好き……!(*´▽`*)

いや、ドアはキーレス便利ですけどね☆でも、久しぶりの、ドアにキーを差し込み、キーを回すと窓の内側の突起?が「ぼこ」って上がるこの感じも、改めていいなって思いました!←若い方、わかるかなー……☆

少数派かもしれませんが、この時代の車、好きだなあ(*´ω`*)

てゆーか、以前ブログでも書きましたが、最新の車の仕様、怖いよ……!(ノД`)・゜・。

勝手にしゃべるし、デジタル感がありすぎだし……。

f:id:yosiokakanon3:20200729212808j:plain

みーちゃん、

「ん?」って感じ?( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200729212911j:plain

しゅたっ……!

って感じの、躍動感アリアリ(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200729213022j:plain

みーちゃん、玄関の「ピンポン音」に超敏感です。

テレビでも「ピンポーン♪」って音がすると、めっちゃ気にするっぽい。

で、お客さんの姿を見ると、すごく警戒しつつ、一生懸命様子を見てる。(どきどきしつつ、気になるらしい)

子猫時代は、「お客さーん♪」って喜んでたっぽかったんですけどねえ。

テレビの「ピンポン」でもお耳がそちらを向き、反応してます☆

f:id:yosiokakanon3:20200729213119j:plain

最近、年齢的に代謝が落ちてるのか、なかなか痩せません……。毎年、夏場は多少体重が落ちるのですが、今年はどうも違うらしい(笑)

今まで苦手だったリンゴ酢を飲む習慣、始めてみようかなー……。

f:id:yosiokakanon3:20200729213143j:plain

あくびーっ!(笑)※威嚇ではありません☆

f:id:yosiokakanon3:20200729213220j:plain

あご乗せちゃん。

みーちゃん、なに想う?←「ちゅーる」か?(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200729213837j:plainだ旦那さん撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200729213909j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200729213930j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200729213957j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200729214020j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200729214136j:plain

穏やかな日々でありますように。

リーサルウェポン?爪楊枝&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200726210602j:plain

こんばんは!

暗いところで撮ったみーちゃん。

目で見たときはもっと暗かったのですが、写真は結構写ってました♪

f:id:yosiokakanon3:20200726210725j:plain

黒目が大きくなって、かわいい( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200726210807j:plain

なぜか前足を曲げてくつろぐ、みーちゃん。

にゃんこ、なぜかよくこういうポーズとりますよね☆

f:id:yosiokakanon3:20200726210945j:plain

前に回ってみる。

まだお手手がこの謎ポーズ(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200726211121j:plain

体ですっかり隠れてしまってますが、実は、爪とぎの上にいます(笑)

なぜかみーちゃん、最近爪とぎの上で、よくウトウトしてる……☆

f:id:yosiokakanon3:20200726211311j:plain

ワオキツネザルではありません……!

 

今日、コンビニのつけ麺を食べようと、もらった割りばしの袋を開けた瞬間、一緒に入っていた爪楊枝が飛び出しました☆

慌てて、足で落下する爪楊枝を受け止めようとしたところ(行儀悪い)、

ザクッ……!

瞬間、空中で真横になった爪楊枝が、太ももに刺さった……!Σ(゚Д゚)

そんなことってあるんですねえ!

そこで一句。

爪楊枝 凶器になりうる 時もある(字余り)

なんのこっちゃ……(゚∀゚)

f:id:yosiokakanon3:20200726211933j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200726212007j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200726212025j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200726212047j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200726212108j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200726212141j:plain

旦那さん撮影、昨晩のみーちゃん(*'ω'*)

f:id:yosiokakanon3:20200726212219j:plain

立派なきのこが生えてました!

漫画とかイラストにありそうな謎きのこ……。

f:id:yosiokakanon3:20200726212305j:plain

謎の白きのこ(*´ω`*)

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語、

「天風の剣」第69話「異なる魂、異なる心」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 生き物の気配が、漂い始めた。

 深海にも無数の生物が存在する。今までそれらは、四天王たちの破壊的なエネルギーを察し、どこかへ身を隠していたのだ。

 半透明な体を明滅させるクラゲのような生き物が、キアランたちの目の前を通り過ぎる。

 

「ヴァロ……」

 

 シトリンの作った淡い虹色の泡の中、カナフは膝から崩れ落ち、涙を流した。

 

「カナフさん――」

 

 一緒に泡の中にいるアマリアも泣きながら、カナフの背にそっと手を添え、必死にカナフの心を支えようとした。

 キアランとライネも、深い悲しみの中にいた。

 

「シルガーさん」

 

 アンバーが、シルガーの前に立つ。

 シルガーは、首を少し傾けアンバーを見る。

 アンバーは、笑っていた。深紅の瞳に、強い光を宿しつつ。

 そして、唐突に言い放った。

 

「あなたは、私が欲しいのではないですか?」

 

「!」

 

 漂い始めた異様な空気に、キアランはアンバーとシルガーのほうを振り返る。

 

「私、というより、私の座が――!」

 

 アンバーの燃えるような目が不気味に光る。

 アンバーは、挑発するような笑みを浮かべていた。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/69/

 

黒い動物、丸い猫。

f:id:yosiokakanon3:20200722210705j:plain

こんばんは!

昨日の夕方6時ころ、家の前に車を停める際、道路を横切るなにかが目に入りました。

「ん?」と思って見たら、

黒い大型犬のような動物。

それが、道路を渡り、向かいの藪の中に入って行きました。

ですが、歩き方が、犬じゃない……!

黒い毛の色が、やたらに黒い!(つやつやに見えた)

熊だ……!Σ(゚Д゚)←ツキノワグマさん。

熊さんが、すぐ目の前を通り過ぎていきました……(゚∀゚)

車に乗ってる状態でよかった。さすがに直にご対面は危険過ぎです。

まあ、家が山の中にあるもので……。

f:id:yosiokakanon3:20200722211350j:plain

前回の「足ピーン」がご好評?だったようで(笑)

別カットを載せてみます。

空間の使い方が、シュールです!?

f:id:yosiokakanon3:20200722211529j:plain

みーちゃん、丸い……。

f:id:yosiokakanon3:20200722211605j:plain

いやん。そんなこと言わないで。と言っているかどうかは謎。

f:id:yosiokakanon3:20200722211650j:plain

24日発売の楽しみにしてる漫画雑誌が、四連休のおかげで本日発売に!

思わぬ四連休の恩恵!?

(今日気付いて、ちょっと得した気分に!)

f:id:yosiokakanon3:20200722212112j:plain

窓辺から降りる直前の一枚。外から入ってきたにゃんこのように見えますが、違いますヨ。

f:id:yosiokakanon3:20200722212644j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200722212714j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200722212734j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200722212806j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200722212826j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200722212844j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200722212904j:plain

またしても、クワガタさんに威嚇される旦那さん。

これはミヤマクワガタさんらしい。

f:id:yosiokakanon3:20200722212952j:plain

カナヘビさんです。

 

四連休、色々心配なことが多いですが、心と体をゆっくり休めつつ、楽しんでお過ごしくださいね。

(旦那さんは四連休、私は日曜のみです☆)

よい休日でありますように。

みーちゃんもトカゲさんも日向ぼっこ&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200719204413j:plain

こんばんは!

久しぶりの晴れの日曜でした。

洗濯物、たくさん干しましたよ(*´ω`*)

f:id:yosiokakanon3:20200719204605j:plain

謎のポーズで固まるみーちゃん。

その「足ピーン」はなんだ! 「足ピーン」は!(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200719204724j:plain

「ニャッ」っていう顔。でも、「足ピーン」

余談ですが、寝てるときに思いっきり足を伸ばすと、足がつりやすくなってしまったこと請け合いの、ミドルエイジの私です(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200719204858j:plain

スポットライトを見上げてるみたいなみーちゃん。

UFOから降りてくる光じゃないですよ!?

f:id:yosiokakanon3:20200719205422j:plain

眠いにゃ。

f:id:yosiokakanon3:20200719205654j:plain

みーちゃんの、横顔ー。

f:id:yosiokakanon3:20200719205756j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200719205823j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200719205845j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200719205903j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200719205926j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200719205942j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200719210007j:plain

栗の赤ちゃんです! 花が終わったと思ったら、すぐイガイガちゃんが誕生してました♪

f:id:yosiokakanon3:20200719210058j:plain

ひっくり返ってしまってたクワガタさんを起こしてあげたところ、思いっきり威嚇されたそうです☆クワ?の角度が……!

f:id:yosiokakanon3:20200719210218j:plain

これは、どこから入ってきたのか謎ですが、家の中にいたというクワガタのメスさん☆

どうやって、いつの間に……。クワガタが自ら家に来るってのは、さすがに初めてです!←無事外に逃がしましたよー。

f:id:yosiokakanon3:20200719210404j:plain

日向ぼっこしてるみたいな、ニホントカゲさん。

すごいリラックスぶり……。

(虫や爬虫類の苦手な方、すみませんっ)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「天風の剣」第68話「変化のとき」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 海上の高次の存在たちは、まだ気付いていなかった。ただ、ひとり、シリウスを除いては――。

 

 カナフか、ヴァロか……!

 

 シリウスは、海の底での不穏な予兆を感じ取った。

 

 我らの同胞が、また……!

 

 シリウスは、叫んだ。

 

「皆! また大きな変動が起きる! 全力で、『場の調整』を……!」

 

 カッ……!

 

 すべてが、閃光に包まれた。

 

 ヴァロ……!

 

 シリウスの鋭敏な感覚は、悟った。

 つい先ほど会話したばかりの、ヴァロの命の波動が途切れたことを――。

 

 ゴゴゴゴゴ……!

 

 海は大きく渦を巻き、辺りは闇に包まれ、激しい雨が打ち付ける。

 

「ヴァロ……!」

 

 荒れ狂う嵐の中、シリウスは、その名を叫んだ。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/68/