ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

同じ穴のアナグマ&小説更新♪

こんばんは!

旦那さんが購入したバランスボールがとてもよかったので、私用のものも注文しておりました。

じゃん。

色が、まるで芸人の風船太郎さん。

(狙ったわけではなく、たまたま他の気に入った色のやつが売り切れてた)

やはり、すごくいいです。

でっかいけど、案外邪魔にもならない。軽くて移動させるのも楽だからかな?

寝転がる、みーちゃん。

私のスマホのストラップが、ぷらんぷらん揺れるので、捕まえようとしてます。

捕まえるー。

捕まえたっ。

後ろ足が、なんか面白い。

前足も面白い。

つい昨日、初めて知ったのですが、「むじな」って、主にアナグマのことを指してるんですね~。(タヌキやハクビシンを指すことも、って書いてあった)

それで「同じ穴のむじな」か、って妙に納得。(巣穴を掘って暮らす)

アナグマ、かわいいなあ。

 

たまたまユーチューブで、「キンカジュー」という珍獣のニュースを見ました。

キンカジュー、めっちゃかわいい。原猿のような、不思議な外見してます。

名前の響きがなんか好き。何度でも言いたくなる、キンカジュー。

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第163話「厚い雲の向こうの太陽」投稿しました!

読んでいただけたら、本当にうれしいです……!✨ヾ(≧▽≦)ノ

 

「オリヴィアさん、テオドル……! みんな……!」

 キアランが叫び、シトリンはさらに速度を上げる。

 ふたたび、轟音と共に光。四天王青藍せいらは、進行方向に向け、焼き払うように攻撃を放っていた。

 それは、オリヴィアたち、守護軍のいるであろう場所――。

 くそっ、早く、早く、皆を助けねば――!

 焦るキアラン。それは、キアランを抱えて飛ぶ、シトリンも同じだった。

「当たれーっ!」

 シトリンが青藍に向け、衝撃波を撃つ。続けざまに、二発。しかし、いずれも、青藍の素早い動きにかわされていた。

 キアランは、そのとき、花紺青の言葉を思い出していた。

『自分の感情に操られてしまってはだめだよ』

 やつが、素早いだけじゃない。シトリンの気持ちが、攻撃の命中の精度を下げているんだ。

 シトリンは人間ではない。魔の者である。しかも、四天王だ。しかし――。

『私たちが、人間や高次の存在みたいだ、って』

 花紺青は人間について話していたが、シトリンも人間のような感じかた、考えかたに変化している、キアランも確かにそう感じていた。大切な存在であるみどりを傷つけられたことで、シトリンはあきらかに感情的になっているようだった。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/163/

バランスボール、お世話になります&小説更新♪

こんばんは!

三回目ファイザーワクチンで38.8度の高熱を出した私ですが、不思議なことがありました。

ワクチン副反応が出ていたとき、なぜか花粉症の症状がほとんど出なかったのです。

てっきり、今シーズンの花粉症がおさまったのかと思ってました。

でも、日が経つにつれ、花粉症復活。

今日あたりは、花粉症で目が腫れてひどいです(>_<)←ひどいときはかゆみだけじゃなく、まぶたも腫れるのです。

ワクチンと花粉症の関係、あるのかな???

ネットで検索してみましたが、それらしき記事はないようで……。

私だけなのでしょうか?

我が家に、ピーナツバターのコロネブームが到来中。

太るよね……。

でも、うまいんだなあ。

チョココロネもいいですが、只今のブームはピーナツバターなのです( *´艸`)

コロネ、どうしてもモスラ幼虫を思い出しますよね。

モスラ、初登場時双子だったのね。(2匹で糸吐いてた)かわいい♪

王蟲にも似てますが、やはりモスラです。←なぜか言い切る。

みーちゃんが、床に落ちてる。

落ちてるとは、違うだろう。

あくび。

ん。

なんか用か。みーちゃんはくつろぎ中ぞ。

とかなんとか、言ってるとか言ってないとか。

今更ですが、バランスボールのすばらしさに気づく。

こちらは旦那さん用に購入したのですが、あまりにいい感じですので、私も購入予定です。75センチのやつを、パソコン作業時の椅子替わりや、ストレッチとして愛用していこうと思ってます。

旦那さんのやつ、付属のフットポンプで膨らませてたのですが、空気が入るときすっごく間の抜けた奇妙な音がしていて、非常にツボりました。

みーちゃんは、変な音にドン引き、警戒してましたが。

その音のせいか、でかさのせいか、みーちゃんはバランスボールに興味なしのようです。

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第162話「絶対、また会おうねっ。」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 みどり……!

 キアランは息をのむ。

 四天王青藍せいらの、爆発のような衝撃波の影響が消え、雪の大地があらわになる。

 つい先ほどまで、青藍の足にしがみついていた翠の姿は――、どこにもない。

「翠―っ!」

 空中に停止し続けるシトリンに抱えられたキアラン。翠のいたはずの大地に向け、あらん限りの声を張り上げた。

 翠……、翠……! まさか、お前が死ぬなんてことは――。

 青藍の足元の大地は、かすかに湯気を上げ、ぽっかりと大きな穴が開いているだけだった。

「翠……! くそっ……。なんてことを……!」

 キアランの叫び声をよそに、青藍はシトリンを見上げ、呟く。

「四天王か……。幼いとはいえ、強い波動――。我が主レッドスピネル様よりあきらかに格上――」

 青藍の胸元と、切り取られた腕の傷口から、血が流れ続けている。

「あなたがたは、非常に興味深い取り合わせですが――。まあ、それは私にとってどうでもよいこと。その魅力的な剣も――、今は保留とすることにしますか――」

 ザアッ……!

 風が、渦を巻いたのかと思った。雪煙を上げ、あっという間に青藍が飛び立っていた。

「あっ! 逃げる気!」

 シトリンが叫ぶ。

 キアランによって深く傷を負わされた青藍は、今、四天王シトリンと戦うことは不利であると判断したようだった。

 青藍は信じられないくらいの速さで、低空飛行をしていた。そしてその飛んで行く方角は、あきらかに守護軍の結界、四聖よんせいたちのいる所――。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/162/

今年の山桜さん&ヤマザキさん&小説更新♪

こんばんは!

とっても立派なイカ耳です( *´艸`)

みーちゃん、なにかを警戒中。(私か!?)

イカ耳の横顔。

ようやく、山桜さんが咲きました。

例年より、早い気がします。

とはいえ、昨日今日と、ぐっと気温が下がりました。

雪降るんじゃないか予報もあったのですが、さすがに雨でした。

まあ、実際今ころ降った年もあったので、絶対に降らない、とは限らないのですけれども。

ゴールデンウィークですね。

旦那さんはカレンダー通りですが、私は日曜以外普通にパートのお仕事あります。

いえ、普通以上にあったりします。

明日の残業が恐ろしい……。

 

先日、残業で夜遅く車を運転していると、目の前をサッと動物が横切りました。

その姿から察するに、

アナグマだ!」

その数日後、同じく残業で遅くに運転していると、目の前をサッとなにかが。

「イタチだ!」

どちらも結構至近距離。なにごともなくてよかったです。夜の運転は気をつけなきゃなあ。(ほんとそう。カエルさんが横断してく時もあるし)

ぐう。

私も眠いぞー(゚∀゚)

お休みで寝坊する気満々でしたが、本日もいつも通りの時間に、起こされました。

みーちゃんに!(゚∀゚)

ま、まあいいんですけどね☆

みーちゃん、タンスから降りるとこ。

揃った前足が、ちらっと写ってます( *´艸`)かわいい♪

今シーズンは、久々にヤマザキさんのパン祭りシール集めてました。

我が家に「ランチパック」ブームが来てた(笑)ので、案外楽にたまりました。

実はもう少し前からランチパックはよく買ってまして、その際シールは集めてませんでした。気付いて集めてたら、もう一枚お皿ゲットできたのになあ。

ちなみに、ランチパックはツナ、たまご、ピーナツが我が家の王道です!✨

今年も咲いてた、ムスカリさん。

そして、恒例のピコ男子「石川ハジメ」君と( *´艸`)

旦那様撮影、山桜写真です!(以下旦那様撮影)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第161話「絶対命令」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ✨

 凄まじい音が鳴り響き、明滅する空。

 みどり……!

 翠と四天王青藍せいらが激突していた。地上のキアランは、どうすることもできない。

 ただ空を見上げることしかできないキアランの耳に、翠の怒鳴り声が届く。

「キアラン! 足を止めるな! お前は進め!」

 キアランは、ハッとした。

 翠が上空で戦っているのは、私を守るためでもあるのだ……!

 地上に寄せ付けないよう、翠は空を戦場に選んだのだ、キアランは理解した。

「お前の最善を、選び続けろ……!」

 私の、最善――。

 それは、四聖たちを守ること。

 キアランは、唇を噛みしめ、心の中で強く叫んだ。

 シトリンたちも、きっと助けに来る……! すまない、翠……!

 キアランは、後ろ髪を引かれる思いで前を向き、駆け出した。

 どさっ、どさっ。

 背後で鈍い音が聞こえる。

 まさか――。

 キアランは後ろを振り返る。

「キアラン。構うな。逃げ――」

 息をのむ。キアランは駆け出した。守護軍の結界のほうではなく、音のしたほう、声のしたほうへ。

「翠っ!」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/161/

 

副反応で38・8度出たっ。&小説更新♪

こんばんは!

先週の金曜に、三回目ワクチン接種しました。

今回もファイザーです。

一回目も二回目も、副反応で熱が出た私。

今回は!?、とどきどきしてましたが、

出ました。

38.8度。

我が人生の発熱最高記録をたたき出しましたっ。

旦那さんは全然副反応出ないんですけどね~。

今回、注射を打った時点でものすごく痛かったです。

関係あるかどうかわかりませんが☆

念のため、翌日有給&その次の日も休みのときでよかった~。

すでに3回目を済ませた会社の人のアドバイスもあり、夜のうちにバファリンを飲んでおきました。

しかーし。

熱が出たのは、翌日早朝あたり。

ざわざわと悪寒。

これ、絶対熱出てる、と思いつついつもの時間くらいに起きると、信じられないくらいだるかった……。

食いしん坊のため、今までの人生でも数えるほどしかなかった「食欲なくてごはん食べられない」状態がやってきました。

そのかわり、ものすごく喉が渇きました。

↑これはあくび(笑)

お昼には、食欲もほぼ回復してました。(食いしん坊の面目躍如)

土曜はそんなわけで、ひたすら寝てました。そして、水分めっちゃ摂りました。

38度台&38度近くの熱をさまよい、日曜、本日へ突入。

今朝は37・7度だったかな。でも、お昼が近付くにつれ、めきめきと熱は下がり、正午頃は懐かしい平熱に!(懐かしいって、一日くらいだろー☆)

夕方ちょっとだけ上がりましたが、バファリン効果のためか、今は落ち着いているようです。

よかった~。

とはいえ、無事三回目が終わって、ホッとしております。

そして、受けて本当に良かったと思います。

私の身近では、腕が痛い、リンパが痛い、との声も耳にしましたが、私の場合は熱だけでした。(腕の痛みはちょっとだけでした)

痩せたかな? と思いましたが、一日二日の発熱&一回食欲なかったくらいで痩せないか~(笑)

アクエリアスさんにも、オロナミンCさんにもお世話になりました。

(無性に飲みたくて仕方なかった)

熱が出やすい方は、好きなドリンクを多めに用意しておくといいかもしれません。

見えにくいですが、「1111円」「1P」「1P」と1だらけのレシート。

これだけ並ぶの、珍しくないですか!?( *´艸`)

旦那様撮影写真です♪(以下旦那様撮影)

みーちゃんの背中。

なんか企んでるっぽい。

パンジーさんたち、お花が増えてきました!

あの大量の雪にもめげず、しっかり生きていたパンジー

すごいなあ✨

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第160話「友だちだから」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 意識が遠のいていく。

「うっ……!」

 シルガーは、うめき声を上げた。口から血があふれ出る。

 シルガーは、岩に激突していた。

 青藍せいらの衝撃波によって、シルガーもシルガーの背後の木々も、それから近くの木々も吹き飛ばされていた。そのため、シルガーはずいぶん遠くの岩まで飛ばされていた。

 青藍の攻撃を、まともにくらってしまった――。

 シルガーは咳き込み、口元の血をぬぐう。岩に全身強打してしまったおかげで、かえってシルガーの意識は、はっきりとしてきた。

 おや。なんだろう。

 シルガーは、口元をぬぐった自分の手を見た。それから、胸元、腹のあたり、足、自分の体の前面を見て、現在の自分の状態を確認する。

 服が、燃えたり溶けたりしていた。しかし、皮膚や髪に異常はない。やけどなども見当たらず、まったく、普通と変わりなかった。

 しかし、内臓の損傷による吐血だけでなく、頭からも、血が流れているようだった。そして、背からも。流れる血は、岩にぶつかった衝撃によるものだけのようだった。物理的な衝撃のみ、影響が出ていた。

 四天王になったから、攻撃から受ける影響が格段に減ったのだろうか?

 骨が砕けている。急所付近も負傷している。しかし、不思議な感覚があった。

 体が熱かった。信じられないくらいの速度で、体が修復作業をおこなっているようだった。

◆続きはこちらからどうぞ↓◆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/160/

マヨライン、一直線&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20220417213717j:plain

こんばんは!

今日は穏やかな春らしい一日となりました。

鳥の声や春の香りを運ぶそよ風、わくわく気分でお外を見ていたみーちゃん、スマホカメラを向けられ、

「なにか?」とちょっと怒ってる?!Σ(・ω・ノ)ノ!

邪魔してすまん~☆

f:id:yosiokakanon3:20220417214149j:plain

そんなみーちゃんの一部分。

(正解:お口まわり)

……そーゆーことするから、みーちゃんに怒られるんだって(;´∀`)

f:id:yosiokakanon3:20220417214300j:plain

日差しぽかぽか。みーちゃんの体も、ぽかぽかです( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20220417214350j:plain

まだまだ花粉症がひどいので、アレなんですけどね……。

窓開けたお外が見たいと言われたら、開けちゃいますよね~(笑)

f:id:yosiokakanon3:20220417214513j:plain

ミニトマトにもマヨネーズたっぷりかけちゃう、マヨラーです。

先日の朝、箸でミニトマトをつかみ損ね、マヨ付きミニトマトが床に落下しました。

マヨつきミニトマト、ワンバウンドしてから床を延々とこーろころ、白い直線を引きながら(マヨラインと仮に呼ぼう)、転がっていきました。

それを目撃した旦那さんの一言。

「スーパーボール」

確かに。

f:id:yosiokakanon3:20220417214943j:plain

油絵みたいに撮れた気がする。

タイトル「猫大爆睡」←どんなタイトル……。

f:id:yosiokakanon3:20220417215224j:plain

これも絵画っぽい気が。

タイトル「睡眠邪魔人間猫大迷惑」←だから、どんなタイトル……。

f:id:yosiokakanon3:20220417220817j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20220417220859j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220417220920j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220417220938j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220417221028j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220417224439j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第159話「敗北と、希望と」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 風を切る。

 急降下するシトリンの頬を、かすめてなにかが飛んで行った。

「ふん。邪魔くさい」

 シトリンは、動じることなく飛行を続ける。

 ほどなく背後から爆発音が聞こえる。シトリンの頬をかすめた物体は、白銀しろがねによって弾かれた、黒裂丸くろれつまるの弾丸のような攻撃だった。

花紺青はなこんじょうおにーちゃん、私は黒羽くろはおねーちゃんのほうへ行く! 花紺青おにーちゃんは、白銀おじーちゃんのほうをお願い!」

「わかった! 任せてっ!」

 白い木々の合間を縫って雪原に近づいたシトリンが、手を離す。シトリンから離れた花紺青は、地上に飛び降りた。そして、そのまま白銀たちの戦っているほうへと勢いよく駆け出して行く。

「黒羽おねーちゃん……!」

 シトリンが、黒羽と赤朽葉あかくちばのほうへ向かおうとしたときだった。

 え。これは――。

 シトリンは、動きを止めた。

 ぴりぴりと、肌に感じる、変化の波動。

 シトリンは、大きなエネルギーの変容が起きたことを知る。

「新しい、四天王――」

 強い、と思った。とても強い波動を感じる。もともと、特別に力のある従者が、四天王の座を奪い取ったのだ、瞬時に悟る。

「シルガー……!」

 シトリンは思い出す。アンバーのほうへ向かわず、オニキスと戦ったときのことを。

 二つの選択。アンバーと再会することは、叶わなかった――。

 そして今、黒羽とシルガー。

 シトリンは、ぎゅっ、と下唇を噛んだ。

 私は――。

 一瞬の迷いも許されない状況だと思った。黒羽とシルガー、どちらに加勢するか、迷っている時間はないと思った。

 シトリンは、きっ、と前を見つめる。

「黒羽おねーちゃんのほうへ行く!」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/159/

漫画みたいな話&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20220410215125j:plain

こんばんは!

こちらも、雪が溶けました( *´艸`)

そしてだいぶあたたかくなりました。

f:id:yosiokakanon3:20220410215317j:plain

今日は一日天気が良く、日差しも強かったです。

旦那さんが、庭に出ていたとき、雪で倒れてしまったアジサイの茎をぼんやり見ていたそうです。

「雪囲いもしたけど、今シーズンは大雪で、支柱もアジサイの茎も、倒れちゃったなあ。だめかなあ。元気にならないかなあ」

と、思った瞬間。

ポーン✨

アジサイの茎が、いきなり起き上がった!?そうです。

嘘みたいな話ですが、「ほんとだぞ、見ているうちにシャキッとなったんだぞ」と言い張ってます。

みーちゃんのしっぽじゃあるまいし、いくら日差しがあったとはいえ、そんな漫画みたいなことあるのだろうか……。ミラクル。

f:id:yosiokakanon3:20220410215859j:plain

旦那さん中学生の話。

ソフトボールをみんなでやってたそうです。

ボールが遠くへ飛んで、近くを歩いていたおじさんのほうへ行きました。

おじさんが、受け取ろうと構えると、その手前でボールが2回ほどバウンド。

弾んだボールは、ボールを取ってあげようと低く屈んだおじさんの胸に当たり、

おじさんの胸と地面の間を、ぼぼぼぼぼっと5回以上往復したとのこと。

おじさん、思わず「おおおおお」

そんな漫画みたいなこと、あるのだろうか!?

それから何十年も経ちますが、旦那さんは折に触れその光景を思い出すとのこと。

折に触れってなんだ(笑)でも、それは確かに忘れられないな~。

f:id:yosiokakanon3:20220410220742j:plain

花粉症がひどいです(>_<)

薬を飲み続けてますが、ひどい~。こちらの場合、今週がピークだったのでは、と思います。

来週もだったりして……。

f:id:yosiokakanon3:20220410220820j:plain

近場のスーパーで買ったおはぎを食べました。めちゃくちゃうまいっヾ(≧▽≦)ノ

テレビで、美味しすぎて行列ができるスーパーのおはぎを紹介してましたが、普通のおはぎでとても美味しいのですから、どれほどうまいのだろうか。

食べてみたいな~♪

f:id:yosiokakanon3:20220410220836j:plain

最近、年齢のせいもあり、痩せにくくなってます。

うむ~。これから薄着の季節。ダイエットせねばならんか……。

いや、見た目の問題もアレですが、健康の面からも気をつけねば。

f:id:yosiokakanon3:20220410222022j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20220410222053j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220410222108j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220410222121j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220410222136j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220410222156j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220410222213j:plain

ふきのとうが出ました~!

f:id:yosiokakanon3:20220410222235j:plain

サフィニアさんを植えてもらいました♪(奥の鉢は、昨年秋植えのパンジーさんたち)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第158話「目の前のチャンスなら」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 シルガーの眼前に立つ、新しい王。

 それは、四天王青藍せいら

 シルガーは、血に染まった青藍の六本の腕を見つめながら、叫んでいた。

「逃げ切れないわけでも、危機的な状況でもなかった。それなのに、自ら主を殺すとは……! やはり貴様は、初めから――!」

 青藍が、くっ、と笑う。

「別に、珍しいことではないでしょう。我らの世界では」

 確かに、そうだった。従者が自分の主人である四天王を倒し、代わって己が四天王になる、それはよくあることだった。

「なにを驚いていらっしゃるのです……?」

 青藍は、顔に笑みを張り付けたまま、平然とシルガーを見つめ返す。

 私も、知っている。驚くべきことではない。私も、魔の者だから。しかし――。

 なぜ、自分は落ち着かず、なにかの感情に強く揺さぶられているのだろう、シルガーは自分でも不思議だった。

 薄々、感じていたはず。今更、目の当たりにしたところで、どうということもないはず。それなのに、湧きおこるこれは……、怒り……?

 四天王が、まだ幼かったから、なのだろうか、シルガーは自分に問いかける。

 違う。人間じゃあるまいし、子どもかどうかなど、些細な違いのはず。

 雪が、絶えず髪や体に触れ、そして消えていく。動くごとに振り払われても、幾度となく、新しい雪が。

 他者の心に触れ、ほんの一端でも、相手の魂というものを感じてきたから。積み上げてきた絆というものを、信じたい、たとえ離れ離れになっても、永遠に会うことはできなくなっても、絆というものは消え去らず存在し続ける、そう願っていたから――。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/158/

消えていたパン祭りシール、泥棒だぞー!&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20220403215205j:plain

こんばんは!

先日、液体洗剤がなくなってしまい、詰め替え用を購入しました。

合っていると信じて疑わず、お店の陳列棚で目にした液体の詰め替え用を、かごに入れてレジに。

帰宅後詰め替え、そして洗濯機にその洗剤を入れました。

ですが、なんとなく違和感。微妙にパッケージデザインが違うような気が……???

慌ててもう一度購入した詰め替え用の容器を見ると、

「アタック3X」。

不安になり、詰め替えた容器のほうも、確認。すると……。

「アタックEX」

違うじゃないか!!!

なんて微妙な違いなんだーっ!! もしかして、試されてる???(笑)

 

 

……えー。普通に使い切ります(笑)

それにしても、両者アタック、色の感じも全体の感じも、非常に似てます。なーぜーだー!!(笑)

f:id:yosiokakanon3:20220403215452j:plain

猫が落ちてる( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20220403220421j:plain

だいぶ雪は溶けました。でも、桜が咲くのはだいぶ先です。

f:id:yosiokakanon3:20220403220645j:plain

眠い。眠いよー。

このところ、パートの仕事が残業続きです。

人手不足のため、という理由が大きいです。なんとかならんのかー。

明日もおそらく、大残業。とほほ……。

f:id:yosiokakanon3:20220403220726j:plain

某メーカーの某春のパン祭り該当商品、シールがついているものと信じて疑わず、(またしてもよく見てない)購入。

帰宅後、シールがないのに気づく!

も、もしや陳列商品からシールをはがす不届き者がいたのか……!?

たかが一点、されど一点。

私の場合、集めてる会社の人にあげよーと思ってただけなので、まあいいといえばいいのですが……。

なんかモヤモヤ。

今、調べたら、ネットにもその話題がすでに出ていて「犯罪です」との一文も。

やっぱひどいですよねっ。

f:id:yosiokakanon3:20220403220832j:plain

スマホのストラップ、ちょいちょい。

f:id:yosiokakanon3:20220403220926j:plain

がぶり。

f:id:yosiokakanon3:20220403220953j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20220403221043j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220403221100j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220403221208j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220403221117j:plain

f:id:yosiokakanon3:20220403221228j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第157話「闇より深い黒」投稿しました……!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 光が走る。

 辺り一帯の空気が、熱を帯びる。吹雪の中、空は、恐ろしい戦いのエネルギーで燃えていた。

 四天王シルガーと青い翼の従者、それから四天王レッドスピネル。三つの大きな破壊のエネルギーが入り乱れる。

「……思いのほか、時間をかけていらっしゃるように見受けられます」

 口を開いたのは、青い翼の従者。

「……なんのことかな」

 返事をしながら、シルガーは空に銀色の軌道を残し、大きく右方向へ移動する。地上からのレッドスピネルの衝撃波を、かわすためだった。そのため、青い翼の従者の目線も、大きく左へと移動しなければならなかった。

「あなたは、あなた様の従者たちの動きを、常に気にかけていらっしゃるようだ。あなた様の実力なら、私など、とっくに討てたはず」

「……謙遜を」

 シルガーが、くっ、と笑い声を立てた。

 シルガーは、改めて青い翼の従者を正面から見つめる。

 確かに、つい私は白銀しろがね黒羽くろはの様子を、気にかけてしまっている。今のところまだ、持ちこたえられているようだが、いずれ、彼らの援護をしなければならないだろう。

 風が、赤い光と共に突き上がる。高熱を帯び、らせんを描きながら。シルガーは、またしてもその場を移動しなければならなかった。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/157/