ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

汁なし担々麺、カムバーック!&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20210919203712j:plain

こんばんは!

最近、カップ麺では「「マルちゃん正麺 汁なし担々麺」が一番のお気に入りで、よく食べていた私。

ところが!

先日いつものように購入しようとしたら、スーパーの棚から、消えている……!

陳列スペースすらない……!

他の近隣のスーパーにも置いてありません……。

季節商品だったの……、か……?

「いつまでも、あると思うな担々麺」。

 

その話とはちょっと違いますが、私とか我が家で気に入って定番にしていた商品、過去にいろいろ姿を消してます……。

お味噌とか、しょうゆとか、焼き肉のたれとか。かなーり大事なんですけど!

(↑これらは、どれもだいぶ前、二十年i以上前の話ですが☆)

あと、お気に入りで家族で通ってた思い出の店も、二十年近く前にぽつぽつと姿を消してます。喫茶店とか、レストランとか、ケーキ屋さんとか……。どのお店もおいしかったのになー。

 

まあ、マルちゃん正麺汁なし担々麺は、またいつか会えるでしょうけれど(*´ω`*)

ら、来年……???(゚Д゚;)

 

ドールが大好きな私。

でも、小さなフィギュアにも最近ハマってます。

(よく当ブログに登場してるピコ男子とか、ハッピーセットリカちゃんとか)

最近は、美少女プラモデルにも関心があります。

コトブキヤさんの、ジュネちゃん、めちゃくちゃかわいい~!!

とはいえ、とっても不器用な私。

プラモなんて、とてもうまく作れる自信がありません(笑)

まず、きれいにパーツを切り離せるかというのも疑問……。部品、飛ばしてなくしてしまいそう(笑)ちゃんと組み立てられるかも不安。

お値段もお値段ですし、買う勇気が出ません☆ネット検索して毎日のように眺めてます。かわいいなあ~。

f:id:yosiokakanon3:20210919213050j:plain

堂々と窓辺に佇むみーちゃん。

f:id:yosiokakanon3:20210919213249j:plain

近い!

f:id:yosiokakanon3:20210919213307j:plain

ちかーい!って、完全に私のさじ加減(笑)

f:id:yosiokakanon3:20210919213350j:plain

100均の箱の上、結構気に入ってるみーちゃん。

クリームパンのような前足。

f:id:yosiokakanon3:20210919213452j:plain

前足も、後ろ足も、ぎゅっとなってます( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20210919213553j:plain

旦那さん撮影、風景写真です。(以下旦那様撮影♪)

f:id:yosiokakanon3:20210919213637j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210919213655j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210919213719j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210919213736j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210919213756j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第129話「夢を支配するもの」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!

 

 白く凍った地平線が、暁色に染まっていく。

 一晩中探しても、アマリアの気配すら掴めなかった。

「アマリアおねーちゃん。起きなかった」

 申し訳なさそうに、シトリンが告白した。長いまつ毛が、かすかに震えている。

 キアランが長いため息をつき、口を開く前に、シトリンは急いでその先の言葉を続けた。

「でもね、でもねっ。アマリアおねーちゃん、たぶん無事だと思うっ」

「無事……?」

 キアランは、シトリンの言葉にかすかな希望を見出す。

 シトリンは、ほんの少しだけ明るさを取り戻したキアランの表情に元気づけられたのか、続く言葉を一気に話し始めた。

「深い眠りの中にいるけれど、逆にね、強い魔法使いのアマリアおねーちゃんを眠り続けさせるってことは、そのままの状態ってことだと思うのっ。だって、下手に外から刺激を与えたら、きっと術が解けちゃうから――!」

 シトリンは、キアランの両袖を掴み、必死にそう説明した。疲れ切ったキアランを、励まそうとしてのことだろうと思えた。

「四聖のみんなを眠らせ続けるのはね、得意の術だったとはいえ、私の従者でもできたこと。でも、アマリアおねーちゃんは、ゆーしゅーな魔法使い。たとえ眠りの術を使っているのが四天王オニキスでも、私が入っても起きないほど深く眠らせるというのは、簡単なことじゃないと思うのっ」

 キアランをまっすぐ見上げ続けるシトリンの、大きな瞳。一生懸命キアランの袖を掴むその手は小さいが、今にも倒れそうなキアランの心と体を、ぎりぎりのところで支えてくれていた。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/129/

ワクチン2回目副反応&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20210912204547j:plain

こんばんは!

新型コロナワクチン2回目を、先日接種しました。

一回目の時は、少し腕に痛みがある程度だった私。

きっと、二回目もなんにもないだろー、と考えてました。

が!!

ありました……。幸いにして、翌日のみでしたが。

f:id:yosiokakanon3:20210912204911j:plain

一回目のときは、注射の痛みは信じられないほどなくて、数時間後にインフルエンザワクチンを受けたとき程度の痛みがおきたくらいで、それも翌日にはほとんど治まり、三日目には痛くなくなりました。

そんな感じだったので、すっかり安心してました。

二回目の接種は、注射の瞬間から少し痛かったです。

気のせいかもしれませんが、足の指先に多少のしびれのようなものも感じました。(少しの間だけだったし、ワクチンのせいではなかったのかも?)

 

そして、問題の二回目翌日。朝から微熱。おなかの調子も悪かったです。

パートの仕事はお休みしました。

そして、午後。なんだかとってもふらふらする。気分もすごく悪い。熱、上がったのか? と思い、改めて体温を測ってみました。

38・4度……!Σ(゚Д゚)

そんなに上がるんかーい! と準備していたバファリンを服用。

たぶん、人生初バファリンです。(病院処方の解熱剤は何度もお世話になりましたが)

そして、ひたすら寝ました。夕方まで、ほとんどずっと。

すると……。あーら、不思議!

夜にはだいぶ熱が下がってました。念のためもう一度バファリン服用。

すると……、あーら、ミラクル!

その翌日には、35度台になってました☆(平熱低いです)

 

いやー、びっくりしました。

そして、それ以来は体調に変化はたぶん? ないようです。

(その後も、だるいとか疲れたとかおなかの調子がよろしくないとかありましたが、ワクチンの影響かどうかはわかりません)

やはり、念のための解熱剤を用意しておいてよかったなあ、しみじみそう思いました。

 

私の周りでは、副反応あったというお話も、全然なかったというお話も両方聞きます。

本当に人それぞれです。受けられない事情の方々もいらっしゃいますし。本当に、体の事情は人それぞれ。

早くよい治療薬が出てほしい、そう切に願います。

f:id:yosiokakanon3:20210912211151j:plain

椅子の背もたれに乗る、みーちゃん。

器用にも、この背もたれに乗って、ばりばりと椅子で爪を研ぐときが結構あります(笑)椅子ぼろぼろ。←私も旦那さんも気にしてないとゆー(笑)

f:id:yosiokakanon3:20210912211354j:plain

背もたれから、ジャーンプ!( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20210912211443j:plain

みーちゃんの視線の先には……、カエル!!

我が家は傾斜地に建ってるんで、平屋ですがこの窓は地面から二階くらいの高さがある。どーやって、そしてなにゆえこの窓に!?

f:id:yosiokakanon3:20210912211429j:plain

カエルさんのおなか。

f:id:yosiokakanon3:20210912211643j:plain

にゃーん、と鳴きつつ、ちょいちょい。

f:id:yosiokakanon3:20210912211726j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那さん撮影)

f:id:yosiokakanon3:20210912211803j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210912211817j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210912211832j:plain

屋根のところにもやもやと映っているのは、霧が発生してるとこなんだそうです。

こんなふうに霧が上がっていくのかー。

f:id:yosiokakanon3:20210912211955j:plain

不思議な雲。

f:id:yosiokakanon3:20210912212019j:plain

不思議ー。

f:id:yosiokakanon3:20210912212149j:plain

クワガタさんのメス。

f:id:yosiokakanon3:20210912212102j:plain

ニホントカゲさんの尻尾。カラフル~。

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第128話「深い眠りに囚われて」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです~ヾ(≧▽≦)ノ

 

 薄暗い森に、音もなく降り積もる粉雪。

 もうじき、森は眠りにつく。

「シトリンッ」

 フェリックスの背から降りるやいなや、キアランはシトリンのいる洞窟内へと急いで駆けこんだ。

「いない……!」

 キアランは、愕然とした。洞窟の中は、なんの気配もなく静まり返っていた。シトリンも翠も蒼井もいないようだった。

 シトリンがいなければ、アマリアさんの居場所の手がかりが――。

 さっと血の気が引き、目の前が真っ暗になるようだった。

 シルガーがここまで案内したのだから、シトリンが近くにいないはずはなかった。しかし、アマリアを一刻も早く救出したいと焦るキアランは、そこまで考えが回らない。

「どーしたのー? キアラン。私たち、後ろにいたのに」

 洞窟の入り口から、のんびりした幼い声。

「シトリン……!」

 キアランは振り返り、思わず声を弾ませた。

「私たちも、いるぞ」

 洞窟内に響くような低音の、翠の声。

 シトリン……! 翠……!

 安堵するキアラン。翠の隣には、蒼井もいた。

 蒼井……!

 笑顔のキアランが声をかけようと思ったそのとき、蒼井の口から意外な言葉が出ていた。

「温泉に、入っていたのだ」

 少し上気した顔の、蒼井。

 温泉……!

 ほかほかと、いまだ湯気に包まれたような、つやつや肌のシトリン、翠、蒼井の姿があった。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/128/

にゃーを利用したあくび&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20210905212719j:plain

こんばんは!

前にもブログで書きましたが、「バナナマンのせっかくグルメ!!」という番組が大好きです。

面白くて楽しいですし、明るい雰囲気にとても心が和みます。

さすが地元の方が紹介するお店、いつか行ってみたい、食べてみたいと思わせる素敵なお店ばかりです。お店の方々も、とっても素敵な人ばかり♪

が、特番が多く、特番で放送時間が長いのはいいのですが、その代わりなぜか休みの日が多い!

夕方、旦那さんに「今日せっかくグルメ、放送ある?」と尋ねましたところ、「ない」とのお返事。がっかりしていると、ちょうどそのタイミングに、みーちゃんが、

「にゃああああああ~~~~~~ん(後半はあくび)」と長鳴きしてました(笑)←謎の音程もあり。

みーちゃんも、がっかりした!?

鳴いている途中にあくびが入ることを、「にゃーを利用したあくび」と私は呼んでいます。

今日のやつも、見事に「にゃー」を利用していました。

f:id:yosiokakanon3:20210905213934j:plain

ちょっと下界を見下ろす。

f:id:yosiokakanon3:20210905214000j:plain

そして、お尻。

初見で、どこの部分か一瞬わからず、戸惑いました。

f:id:yosiokakanon3:20210905214057j:plain

真顔。

f:id:yosiokakanon3:20210905214123j:plain

うしろあたま。

f:id:yosiokakanon3:20210905214144j:plain

クリームパンのような足と肉球

f:id:yosiokakanon3:20210905214229j:plain

旦那様撮影、風景写真です。(以下旦那様撮影♪)

f:id:yosiokakanon3:20210905214314j:plain

不思議なお空。

f:id:yosiokakanon3:20210905214335j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210905214358j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210905214415j:plain

きのこ。

f:id:yosiokakanon3:20210905214437j:plain

きのこの、距離感。

f:id:yosiokakanon3:20210905214507j:plain

とんぼさん。

f:id:yosiokakanon3:20210905214525j:plain

ニホントカゲさんの子ども。とっても小さくてかわいかったです( *´艸`)

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第127話「怒りに突き動かされるのではなく」投稿しました!

読んでいただけたら、とっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 なにか、胸騒ぎがする――。

 ギャアギャアと、夕空に黒い鳥の声が響く。

 キアランは、フェリックスの手綱を握りつつ、落ち着かない心持ちでいた。

 キアランとシルガーと花紺青は、シルガーの作った空間を移動し、ダンとライネは陸路を進む。

 白銀と黒羽は、ダンとライネについていくようだった。

「私たちは、アンバー様の仇を討ちたい。とはいえ、私たちの力ではあの四天王に到底かなわないのは知っている。お前たちと共に動き、お前たちと共に戦いたい」

 ダンとライネは顔を見合わせる。願ってもない申し出だった。

「ありがとう……! あなたがたのご協力、非常に心強い……!」

 ダンとライネは、白銀と黒羽に手を差し出し、握手を求めた。黒羽は握手がどういう意味かわからず、きょとんとしていた。人間社会に詳しい白銀はすぐさまダンとライネに握手を交わし、その様子を、じっと観察してから黒羽もおそるおそる真似をした。でも、結局のところ黒羽はよくわかっておらず、握る部分を手首にしてしまっていた。

「ただ、人間の事情で申し訳ないが――。我々以外の人間とは、なるべく距離を取ってほしい。あなたがたに攻撃が及んではいけない」

 ダンの話の意図がすぐわかった白銀は、深くうなずく。白銀は、あとでよく黒羽に説明するつもりのようだ。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/127/

しゃべるんですね、スマホさん&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20210829181925j:plain

こんばんは!

今年の夏からスマホデビューした私。

お恥ずかしながら、まだまだ慣れないというか、わかってないことだらけです。

先日、ネットを見ようとしたら、いきなりスマホがなにかしゃべり出しました!

ものすごく驚いた私は思わず、

「なんだこれ!」

と叫んでしまいました。

すると、スマホの画面には「なんだこれ」という文字が表示され……。

慌てて表示を消し、自分の中でなかったことにしましたが(?)、どうやら、マイクアイコンを押してしまっていたようで、意図せず音声検索をしていたようでした(笑)

怪奇現象でなくてよかった。

f:id:yosiokakanon3:20210829182134j:plain

今日、アイスのパナップを食べました。

安定の美味しさです。

一年ぶりくらいにお会いしたパナップさんのふたには、占いが書いてありました。

その占い結果が大変よかったので、嬉しさも倍増でした(*´▽`*)

気のせいかもしれませんが、パナップ、だいぶ小さくなったような気が……?

まあ、おなかが弱めの私にはちょうどいいサイズですけど☆

f:id:yosiokakanon3:20210829205059j:plain

椅子に頭を押し付けて寝てるみーちゃん。

いつもながらすごいかっこ☆

f:id:yosiokakanon3:20210829205159j:plain

こんなに頭がぎゅーってなってます。

f:id:yosiokakanon3:20210829205228j:plain

そして招く、ように見える。

f:id:yosiokakanon3:20210829205256j:plain

猫が落ちてる、の図。

f:id:yosiokakanon3:20210829205333j:plain

ちょい起き上がる。なんだか立体感。

f:id:yosiokakanon3:20210829205421j:plain

夕方寝てるとこ。

f:id:yosiokakanon3:20210829205457j:plain

旦那様撮影風景写真です。(以下旦那さん撮影)

f:id:yosiokakanon3:20210829205539j:plain

我が家の花壇。

f:id:yosiokakanon3:20210829205620j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210829205646j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210829205703j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210829205724j:plain

栗さんたち。まりもじゃないよ!?

f:id:yosiokakanon3:20210829205938j:plain

きのこさんたち。

f:id:yosiokakanon3:20210829205839j:plain

ゴッキーじゃないよ、クワガタのメスです。

なんと、旦那さんにくっついて家の中に入ってきたという!

クワガタくっつけて歩く人というのも珍しい。

みーちゃんが気付く前に、逃がしましたとさ。

みーちゃんに見つからなくて本当によかった~☆

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第126話「人形」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!

 

 魔導師オリヴィアや、アマリア、魔法を操る者たちは、圧倒されるようなエネルギーの爆発を感じていた。

 

 きっと、また高次の存在が……!

 

 激しい風雨に全身を打たれつつ、アマリアは愕然とした。

 またしても、四天王パールが高次の存在をその身に取り込み、変容が起きたのだと悟る。

 

 あ……! 緑の光が……?

 

 アマリアは、それと同時に、自分に起きた変化にも気付く。

 アマリアと愛馬バームスの周囲を包んでいた緑の光に、ほころびができていた。ダンによってアマリアとバームスにかけられた守護の魔法も、強いエネルギーの波の影響を受けたのだ。

 雷と暴風、叩きつけるような雨。そして――、少し離れた地から飛んできた、悲しいエネルギーのかけらたちを感じる。エネルギーのかけらは、アマリアの背を貫き、痛みを伴いながら通り抜けていく。異変の全容、なにが起こったのか詳細はわからないが、アマリアの頬を、自然と熱い涙が伝っていた。

 

 兄さんは――。

 

 大丈夫、まだ生きている、アマリアの鋭い感覚はそう告げていた。しかし、兄が危険のすぐ傍にいることには変わりない。今、生きていると信じられても、次の瞬間どうなるかはわからない。

 雷光が辺りを照らす。それと同時に、アマリアはハッとした。

 

 兄さんの魔法にほころびができた、ということは、オリヴィアさんの魔法もきっと――。

 

 アマリアは、取り囲むオリヴィアの魔法に意識を向け探る。

 

 やっぱり……!

 

 王都守護の皆全体を包むオリヴィアの魔法にも、ほころびができていることに気付く。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/126/

猫のドロップキック&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20210822220240j:plain

こんばんは!

猫のドロップキックです!?

f:id:yosiokakanon3:20210822220402j:plain

後ろ足の肉球が揃ってますね~(*´▽`*)

f:id:yosiokakanon3:20210822220527j:plain

思索にふけっているように見える、みーちゃん。

f:id:yosiokakanon3:20210822220606j:plain

旦那さんが玄関から入ってくるのを、待ちわびてるみーちゃん。

f:id:yosiokakanon3:20210822220651j:plain

なぜか、スリッパの間にいます。

スリッパがこういう状態にあったところに入ってこーなったのか、みーちゃんがスリッパを押しのけた結果こうなったのか、どちらかよくわかりません(笑)

f:id:yosiokakanon3:20210822220806j:plain

王道の、寝てるとこ。(我が家では王道!)

f:id:yosiokakanon3:20210822220854j:plain

旦那様撮影、ダブルレインボーです!(以下旦那様撮影写真)

幸運のサインなんて聞きましたが、いいことあるかな?( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20210822221113j:plain

ちょっとわかりにくいですが、こんな感じで見えたそうです。

f:id:yosiokakanon3:20210822221203j:plain

うーん。わかりにくいかな?

f:id:yosiokakanon3:20210822221238j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210822221308j:plain

わかりにくいですが、カブトムシのメスがしがみついてます(*´▽`*)

f:id:yosiokakanon3:20210822221353j:plain

ニホントカゲさん。

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第125話「悲しみの向こうの光」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 吹き荒れた嵐が嘘のように、晴れ間が広がっていく。

 

 花紺青は――。

 

 パールの尾に弾かれ、意識を失ったまま落下してしまった花紺青。キアランは、花紺青が無事かどうか、一刻も早く知りたいと切に願った。カナフとシルガーに尋ねようと急いでキアランが口を開いた、まさにそのとき――。

 

「キアラン、無事でよかったー! 心配したよー」

 

 大きく手を振りながら、板を操って空を飛ぶ、笑顔の花紺青の姿が目の前にあった。

 

「花紺青! 心配したのはこっちだっ」

 

 キアランの体から、ふうっと力が抜ける。心からの安堵、思わず笑みがこぼれる。

 

「大丈夫か、花紺青っ。痛いところは? 頭を強く打ったようだったが――」

 

「うん。ヘーキだよ。ちょっと痛むけど、人間と違って時間がたてば必ず回復するし、急所でなければ後でひどくなるってことはないし。キアランこそ、大丈夫?」

 

「ああ。大丈夫だ。本当に、よかった――」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/125/

新型コロナ予防ワクチン一回目&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20210815212906j:plain

こんばんは!

新型コロナ予防ワクチンを接種された方が、日を追うごとに増えているようですね。

実は私も、先日一回目を受けてまいりました。

周りの人の話を聞いても、副反応が出た出ない、痛かった痛くない、本当に人それぞれのようです。

f:id:yosiokakanon3:20210815213510j:plain

私の場合、注射されたとき、全く痛くありませんでした。びっくりするほどあっという間でした。

今まで受けた注射の中で、一番痛くないくらいでした。

受けた後、近くにいた高校生らしい男の子が、知り合いらしき人に話してたのが聞こえてしまったのですが、

「全然痛くなくて、いつ注射されたかわかんないくらいだった」とのこと。

そりゃーさすがにわかるだろー、とツッコまれてましたけど☆

 

 

全然痛くなくて、幸いなことに副反応もおきず、ホッとしていたのですが、一時間くらい過ぎたら腕が痛くなってきました。

それも、インフルエンザを受けた後のような痛みで、翌日にはその痛みも薄れていき、二日後以降は痛くなくなりました。

 

私の周りでは、まだ一回受けただけだけど、腕がパンパンに腫れて痛くてその晩は寝られなかったという話や、一回目に肩が痛くて一日肩が上がらなくなり、二回目接種は、熱が38度近く出たという話もありました。

ちなみに旦那さんや私の母は、二回ともなんともなかったそうです。

本当に人それぞれですね。

二回目、どうなることかちょっとどきどきしてます。

二回目の方が副反応が出やすいそうですからね~☆

f:id:yosiokakanon3:20210815215018j:plain

お墓参り前、スイカを切っている旦那さんの傍から、離れないみーちゃん。

危ないっつーの☆

なんともお盆らしい一枚になったような、ならんよーな……!?

f:id:yosiokakanon3:20210815215250j:plain

みーちゃん、くつろぎのポーズ。

f:id:yosiokakanon3:20210815215434j:plain

おっさんか!!(笑)

f:id:yosiokakanon3:20210815215507j:plain

実はここ、テレビの裏側です☆

f:id:yosiokakanon3:20210815215557j:plain

旦那さん撮影、みーちゃん。(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20210815215654j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210815215709j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210815215724j:plain

落ちていた、葉っぱ付きどんぐり。

f:id:yosiokakanon3:20210815215802j:plain

オスのカブトムシさんが遊びに来た。

f:id:yosiokakanon3:20210815215834j:plain

彼女?も来ちゃった。

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語

「天風の剣」第124話「携行食」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

「花紺青っ!」

 

 鈍い音がした。

 パールの尾が、花紺青の操る板を直撃し、そこから続けざまに花紺青の後頭部にも激突していたようだった。

 板もろとも花紺青、キアランは落下する。

 

 花紺青――!

 

 垣間見えた花紺青の表情は、うつろで――、花紺青は、意識を失っているようだった。

 

 うっ!

 

 強い風と共に、なにかが迫る。それは鱗に覆われた、パールの尾。

 

 ガッ……!

 

 キアランは、天風の剣を迫りくる鱗に突き立てた。

 パールの血がほとばしる。

 びゅう、と音を立てながら、キアランは自分の体が持ち上がるのを感じる。天風の剣が刺さったまま、パールが尾を振り上げていた。キアランは、パールの尾にぶら下がる形になっていたのだ。

 

 花紺青、花紺青は――!

 

 花紺青の姿を探せない。しかし、花紺青を案じている場合ではなかった。今度は、キアランがものすごい速度で下降していた。パールが、尾を振り下ろしたのだ。

 

 絶対、離すものか……!

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/124/

 

 

ハッピーセットリカちゃん&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20210808214309j:plain

こんばんは!

本日、約一年ぶりにジャイアントコーンを食べました。

おいしかったです~♪

アイスがそんなに好きというわけでもないので、一年のブランクが(笑)

私にとってジャイアントコーンは、好きなアイスの上位ランキングに入ります( *´艸`)

幸せのチョコだまり、最高です!

f:id:yosiokakanon3:20210808214635j:plain

またまたマクドナルドさんの「リカちゃんハッピーセット」が始まりました!

リカちゃん欲しさ&ハンバーガー食べたさに、ハッピーセット購入してしまいました~♪

余談ですが。私はチーズバーガー大好き、旦那さんは普通のシンプルなハンバーガーが一番好きなんだそうです( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20210808215345j:plain

今回、第一弾の三種類のリカちゃんの中のお一人!

かわいい~!!!(*´▽`*)

一番好きかもしれない!!

f:id:yosiokakanon3:20210808215405j:plain

二人目。やはりかわいい~!! 寝ているみーちゃんの傍にわざわざ置いてみた☆

f:id:yosiokakanon3:20210808215533j:plain

思わず、掴もうとする(?)みーちゃん。

f:id:yosiokakanon3:20210808220104j:plain

クローゼットに入るみーちゃん。涼しいのか?

f:id:yosiokakanon3:20210808220159j:plain

あくびーっ!

f:id:yosiokakanon3:20210808220255j:plain

旦那様撮影みーちゃん。(以下旦那さん撮影)

光り輝いてるようだ……。

f:id:yosiokakanon3:20210808220854j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210808220450j:plain

 

f:id:yosiokakanon3:20210808220546j:plain

f:id:yosiokakanon3:20210808220926j:plain

キノコ出た~☆

f:id:yosiokakanon3:20210808221017j:plain

見つけにくいですが、

ニホントカゲさん。

f:id:yosiokakanon3:20210808221055j:plain

初めて見る蛾だ~!! 不思議な色。

◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「天風の剣」第123話「雷鳴と、涙と」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 ギャアアアア……!

 

 パールの絶叫が、響き渡る。

 

 ズウウウン……。

 

 パールの姿が、一瞬にして巨大な半身蛇の姿に変化した。まるで見上げる壁のように高く長く続く尾が、轟音と共に大地を打ち、土埃を上げる。

 

「あっぶね!」

 

 ライネが愛馬グローリーの手綱を引き、とっさに左に跳ね避ける。その瞬間移動しなければ、パールの尾の下敷きになるところだった。ダンもライネ同様、気配を察し間一髪、身をかわしていた。

 パールは歯を食いしばり、両肘を地面につき上半身を支えながら、苦しそうに身をよじらせていた。

 

「ダン! ライネ!」

 

 輪を描くように持ち上がり、地面を打ち鳴らし、パールの尾は激しくのたうっている。土埃が上がり続け、花紺青と一緒に板に乗って飛んでいるキアランの視界からは、ダンとライネの姿が見えにくくなっていた。

 

 ダン、ライネ……! どうか、うまく避けてくれ……!

 

「やはり、片方だけでは死なないか」

 

 シルガーはそう呟くと、切り落としたパールの右足首から下を、パールに向かって放り投げた。そして、そのまま衝撃波を放つ。

 

 ゴウッ!

 

 パールの右足首が燃え上がり、衝撃波の軌道の先にある、肘をついたパールの額部分も直撃する。

 シルガーは叫ぶ。

 

「今の一撃は、四天王アンバーの分だ!」

 

 銀の髪を怒りの炎のようになびかせ、シルガーが空高く飛ぶ。

 

「四天王パール! お前にとどめを刺してやる!」

 

 ガアッ!

 

 パールが顔を上げ、尾の先端へと風のように空を駆けるシルガーを追い、衝撃波を送っていた。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/123/