ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

猫の幸せな足合わせ&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20201018212003j:plain

こんばんは!

トイレのタンクから出る水を飲むのが、大好きなみーちゃん。

水が楽しみ過ぎて、私や旦那さんがトイレに入ろうとすると、ものすごい速度で後ろから走ってきて、ちゃっかり先にトイレに入っちゃうこともしばしば。

先日、私がトイレのドアを開け、スリッパをはこうと足をあげた瞬間、その足とスリッパの間を駆け抜け、あっという間に便座の上に上がってました……☆

みーちゃんにとって、人間はのろまな巨人のように見えてるんだろうなあ……。

f:id:yosiokakanon3:20201018212405j:plain

ネットでお買い物をするとき、私はよくビットキャッシュというプリペイドカードの電子マネーを利用してます。(コンビニやスーパーで売ってます)

先日、コンビニでそのビットキャッシュを買おうと、かごにビットキャッシュのカードを入れ、レジに持っていきました。

「1500円分お願いします(1500円分のビットキャッシュが欲しかった)」

そうレジでお願いすると、なにを聞き間違えたのか、若い女性店員さんは、

「え。コーヒーですか?(レジ横のコンビニカフェを指差しつつ)」

とお尋ねになりました……!

1500円分、コーヒー買う人かと思ったのかな…。

今まで、当ブログではコンビニで発生した不思議やり取りを書いてきておりました。

どれも全部、違う店員さんの話です……(゚∀゚)

コンビニ道、奥深し……。

f:id:yosiokakanon3:20201018213433j:plain

ヒプノシスマイクが深夜アニメ放送中です♪

新型コロナの影響で、放送日が夏から秋に変更になってました。

そのせいもあり、第一話は見逃してしまった……☆

第二話から見始めましたが、大好きなシンジュクメインの第三話!

思っていた以上に面白かった……!ヾ(≧▽≦)ノ

一話完結形式なんですね。結構、しっかりお話作ってくれてる。(ツッコミどころはご愛敬!)

設定を知らなくても、普通のアニメ作品として(いや、正直申しましてストーリーはあまり期待してなかった……)楽しく鑑賞できます!(たぶん)

これは私の個人の感想ですが、ラップで敵を倒すというバトルは、かっこいいプリキュアのように見えました。(魔法攻撃的な……)←これは誉め言葉です! そして、新曲が聴けるのも楽しい! 絵も美しい……✨

来週も楽しみです~ヾ(≧▽≦)ノ

f:id:yosiokakanon3:20201018214423j:plain

みーちゃんの後ろ足アップ。

謎の合掌ポーズ?

f:id:yosiokakanon3:20201018214514j:plain

みーちゃんよ、居眠りするなら、別の場所で……☆

f:id:yosiokakanon3:20201018214613j:plain

柿のおいしい季節。実は柿は、とんでもなくすごい栄養が詰まっているそうな。免疫力アップにも大変よいとのこと。私&旦那さんは大好きということもあり、柿を食べるのを習慣にしてます。

実は、柿が食べられるこの時期を、ずっと待ってました!

f:id:yosiokakanon3:20201018215028j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

紅葉が、ゆっくりですが始まってます。

f:id:yosiokakanon3:20201018215103j:plain

f:id:yosiokakanon3:20201018215117j:plain

f:id:yosiokakanon3:20201018215131j:plain

f:id:yosiokakanon3:20201018215144j:plain

f:id:yosiokakanon3:20201018215155j:plain

f:id:yosiokakanon3:20201018215213j:plain

旦那様撮影、みーちゃん( *´艸`)書斎にいる社長って感じ?(なにかね、○○君、なんちって)

f:id:yosiokakanon3:20201018215329j:plain

社長。

f:id:yosiokakanon3:20201018215411j:plain

社長、寝オチ。

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「天風の剣」第81話「野草スープ」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 つむじ風のように、走る。

 

 ガッ! ガッ! ガッ!

 

 天風の剣が、火花を散らす。

 

 シュッ……!

 

 襲いかかる腕を、キアランは飛びのきかわす。

 それは、細い腕だった。小さな体、細い腕。しかし、見た目とは違い、普通の魔の者に比べても、その破壊力は決して引けを取らない――。

 

 ザッ!

 

 風を生み、躍動するふたつの影。キアランと、そしてもうひとつは――。

 

「花紺青君! キアランさん!」

 

 アマリアがふたりの名を呼ぶ。影は、動きを止めた。

 

「アマリアさん――」

 

 キアランは振り向き、息を整えた。

 戦っていたのは、花紺青とキアランだった。

 アマリアが、ふたたび声をかける。

 

「ふたりとも、あまり無理をしないで。もう食事にしましょう」

 

「食事? やったーっ」

 

 花紺青が、笑顔で歓声を上げた。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/81/