ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

かごから手。&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200216204256j:plain

こんばんは!

かごの取っ手の穴から、みーちゃん、ちょろりん。

f:id:yosiokakanon3:20200216204351j:plain

なんとなく、手を出して見たかったのでしょうか……。

f:id:yosiokakanon3:20200216204428j:plain

最近は、みーちゃん、このかごがお気に入りのベッドのようです。

ここで結構な時間眠ってます。

かごの中に、セーターが入ってるからかな?

f:id:yosiokakanon3:20200216204539j:plain

その、後ろ姿。

……味があるな……(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200216204624j:plain

みーちゃんが、タンスの上から降りるとこ。

f:id:yosiokakanon3:20200216204656j:plain

そして、降りる瞬間……!

決定的瞬間……! なんちって。

f:id:yosiokakanon3:20200216204834j:plain

昨年の秋から、我が家は果物作戦を導入してます。

秋の間は、柿を毎日食べるようにしてました。

柿が入手できなくなってからは、みかんに切り替えてます。

すると、かぜをひきにくい&ひいても軽くすむようになりました……!

梨以外果物を食べたがらなかった旦那も、進んで食べるようになりました(*´ω`*)

体調も、以前よりずっとよくなっている気がします。

どこにどのくらい果物パワーが効いているかわかりませんが、おいしくってよい習慣だなあと思います。

さあて、そろそろ、本日のみかん食べるとするかー( *´艸`)

ちなみに、二人揃ってなにかを食べ始めると、「なに食べてんの!?」とみーちゃんがチェックしに来ます(笑)ほぼ、毎回です(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200216210406j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200216210509j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200216210540j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200216210607j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200216210632j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200216211108j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第46話「黒の紳士」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!ヾ(≧▽≦)ノ

 

「キアランも、ルーイもフレヤさんも、体のほうは異常なしだ!」

 

 ライネが改めて、キアラン、そして囚われていたルーイとフレヤの体調を診た。

 ライネは、かがんでルーイの瞳を覗き込む。

 

「……おぼっちゃま。心のほうは、大丈夫か……?」

 

 瞳を覗くと、心が見える、そうライネは信じているかのような仕草だった。

 

「うん……! 大丈夫だよ!」

 

 ルーイの返事を聞き、ライネも皆も、安堵のため息をもらす。

 

「あのね。ライネおにーさん」

 

 ルーイが少し考えながら、なにかを伝えようとしていた。

 

「なんだ? ルーイ」

 

「あの女の子――、あの四天王の女の子……。最初とっても怖かったけど、ほんとうは――」

 

 ルーイは、自分の心の中から適切な言葉を探しているようだった。

 

「そんなに悪い子――、じゃないのかも……、しれない――」

 

 ライネも皆も、ルーイを優しく見守るように見つめる。

 

「四天王も翠も蒼井も――。人間をたくさん殺してきた。でも――」

 

 ルーイの瞳は、足元で揺れる小さな野の花を映していた。

 

「きっと、それは、僕らとは違う生き物だから」

 

 野の花が、風に揺れる。野の花の影で、何匹かの蟻が協力し合い、死んだ芋虫を運んでいる。

 

「そして、あの子は……、たぶん……」

 

 蟻は、食料のために芋虫を運ぶ。翠と蒼井は、四聖を運ぶ。

 

 いったい、なんのため……?

 

 ルーイは言葉を探す。そして、首を少し傾けながら呟く。

 

「心が、減っていた……?」

 

「ん? 心が減る……?」

 

「うん……。捕まってる間、夢の中に来たあの子が言ってた。僕らが傍にいると、とっても嬉しいんだって。嬉しくて、心がいっぱいになるんだって」

 

「……そうか。あの子は、寂しかった。自らの心を満たすために、四聖をさらっていた――。そういうわけか――」

 

「うん――」

 

「やっぱり、悪い子じゃん!」

 

 ライネが率直な感想を述べた。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/46/

映画「翔んで埼玉」、想像を超えて面白かった!

f:id:yosiokakanon3:20200211175531j:plain

こんばんは!

映画「翔んで埼玉」、まさかの地上波放送、どきどきしながら見ましたっ!

なんだこの想像以上の面白さは……!

(笑)

面白いと評判でしたが、正直見るまで、そんなに期待していなかったのですよ。

しかーし! 魔夜峰央先生ワールド、見事に実写で再現してる……!

しろこばと、かわいいっ!!

埼玉ボーズ、本当にあるとは……!←気になって、検索した。

ヌーの映像の衝撃度……!(笑)

キャラの再現率もものすごい。まさに、奇跡のキャスト……!(この作品は未読ですが、他の魔夜先生作品から察するに、見事な三次元化だと思います!)

そして、ディスりというより、各県の郷土愛を強く感じます。

物語としても、ぶっ飛び具合が最高に楽しかったです。すごくよかった!

映画は、このくらい冒険して独自の世界を展開していってほしい、私はそう思います(*´ω`*)

いやー、大満足……! 映画館で観たかったかも……。

f:id:yosiokakanon3:20200211181040j:plain

余談ですが、私は魔夜峰央先生の初期短編(怪奇もの)やパタリロ!(初期~中期頃)が大好きです。

本屋さんで、尊敬する魔夜峰央先生がエッセイ、しかもスピリチュアルって書いてある! と驚き興奮しつつ購入した本です。

とても素晴らしい内容でした。不思議なこと、なにかのお導き、そういったものを信じない方にとっては、どう感じるかわかりませんが……。私にとっては、人生のお守りのような教科書のような、一生大切に持っていたい本のうちのひとつです。

そして、魔夜峰央先生の率直で飾らない、そして読んでいる人を応援してくださるような、あたたかなお人柄に触れ、ますます魔夜先生のファンになりました。

字も大きく行間も広め、おまけの漫画(龍王無尽・パタリロ!129)もついてますので、あっという間に読み終えてしまいます(*'ω'*)

f:id:yosiokakanon3:20200211183251j:plain

また積雪! みーちゃん、喜んで見てます☆←人間は大変ですが。とはいえ、雪国だから雪がないとそれはそれで困りますし……。今シーズンは本当に雪が少ない。

f:id:yosiokakanon3:20200211183509j:plain

昨日、玄関の屋根のとこの雪が少し落ちてきて、私のダウンコートのフードを直撃しました。

「フードに雪、入ったか……!?」

そのときはびっくりしたのですが、まあ、そんなに大量には入ってないだろうと、そんなことも気にせず急いでパート先へ車を走らせます。いつも、時間ギリギリ行動なので……!(おいおい)

会社に着いて、靴を履き替えようとかがんだら……、

じょー。

フードから、溶けた雪が滝のように(それは大げさか)流れ落ちるではありませんか……!

運転中すでに、雪がフード・インしてたことはすっかり忘れてたので、(なんだ、そのフード・インって……)すごいびっくりしました(笑)

なんの「じょー」、かと思って驚いた☆そんなことって、あるんですねえ。

f:id:yosiokakanon3:20200211184152j:plain

寒くても、お外を見たい、みーちゃんだ。(五七五)

f:id:yosiokakanon3:20200211184318j:plain

今日は、午後から晴れてました♪

日のあたるところは、あたたかかったです。

f:id:yosiokakanon3:20200211184400j:plain

みーちゃん、ぎゅうぎゅうに、詰まる!?

f:id:yosiokakanon3:20200211184514j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200211184548j:plain

雪が舞ったとこ。

f:id:yosiokakanon3:20200211184619j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200211184649j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200211184714j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200211184743j:plain

明日から、あたたかくなるらしいです。

体調管理にお気を付けて、よい日々をお過ごしください!

魅惑のハイカロリー&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200209182317j:plain

こんばんは!

こちらは、今日も寒い一日でした。

来週からあたたかくなるらしいですけれどね(*´ω`*)

f:id:yosiokakanon3:20200209182420j:plain

つららが長ーい。

みーちゃんも一生懸命見てます。

f:id:yosiokakanon3:20200209182514j:plain

最近、ファミリーマートさんのレジ横のマシンでいれる、ホットココアにハマってます。

めちゃくちゃ美味いーっ!ヾ(≧▽≦)ノ

寒い日、心も体もほっとする味です。

ホットミルクも買ってみたら(砂糖も入れるー♪)美味しかった!

他のドリンクも美味しいに違いない。でもつい同じココアを買ってしまう♪

 

美味しい、といえば、恐ろしくハイカロリーで美味いやつに出会ってしまった。

それは、スーパーのパン屋さんの、デニッシュ生地のねじりドーナツ!!

デニッシュ生地だけでも、カロリー高そうなのに、それをドーナツにしてしまうとは……!! しかも、サイズもビッグ!

しかーし、とんでもなく美味い……!

太るコースまっしぐらだと思うので、自制して一度しか買ってません。

またいつか、食べたいなあ……。

 

昔、スーパーで試食品のなにかを調理しているお店の人が、「低カロリー、高たんぱく」とずっと言い続けながら調理していたら、ふとした瞬間、

「高カロリー、低たんぱく」とうっかり言ってしまったのを聞いてしまった……!

お店の人も、言ってしまってから自分でびっくりしてたようでした(笑)

うっかり、恐るべし……!

以前この話、ブログに書いてたらすみません。どうだったかなー(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200209182541j:plain

あくびーっ!(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200209182610j:plain

みーちゃん、立つ。

f:id:yosiokakanon3:20200209182632j:plain

あっ。斜めになっちゃった☆

f:id:yosiokakanon3:20200209184115j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200209184145j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200209184205j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200209184222j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200209184239j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200209184257j:plain

旦那様撮影、みーちゃん( *´艸`)

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第45話「一粒の木の実」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいですーヾ(≧▽≦)ノ

 

 テントに入ると、疲れが一気に襲ってきた。

 ずっと気を張っていて、気付かなかったのである。

 治癒の魔法もかけてもらったが、朝食前に少し眠るよう皆に強く勧められ、キアランは横になることにした。

 腰の剣を外して枕元に置こうとして、気付く。

 

 ああ。そうか。アステールは、いないんだ。

 

 胸が、強く締め付けられた。

 

 アステール……。

 

 自分と共に運命を切り開いてきた、天風の剣。星の光のように、独りの夜も寄り添い、進むべき道を静かに示してくれていた――。

 

 必ず、迎えに行く――!

 

 キアランは、右手を固く握りしめた。天風の剣を握る感触を思い浮かべながら。

 気が付けば、キアランは剣を握りしめていた。これは、炎の剣だ。

 

「今は、いいから!」

 

 キアランは、ぎょっとして炎の剣をしまうよう意識した。炎の剣は、すぐに手から消えた。

 キアランは苦笑する。

 

 すぐ現れて、めんどくさい。作ったやつにそっくりだ。

 

 作ったやつ、とはシルガーである。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/45/

 

【お題】ドライブと音楽。カセットテープからCDへ。

f:id:yosiokakanon3:20200204140140j:plain

こんばんは!

今週のお題、「ドライブと音楽」について書きます♪

ドライブに、音楽は欠かせませんっ!

子どものころから、そうでした。

と、言いますのも、私には兄が二人いるのですが、兄が音楽が大好きだったのです。

兄たちは、自分の好きな音楽をカセットテープ(時代ですねえ)に録音して、父が運転する車に乗るたび、カセットテープをかけてもらってました。

ちなみに、父は演歌が大好き、母はそんなに音楽好きではない?(たぶん。あまり自分から音楽を聴いてるところを見たことがない。そういやわからん。今度訊いてみよう)ようでしたが、兄たちの持ち寄るテープを、いつでもかけてくれてました。

f:id:yosiokakanon3:20200204143248j:plain

上の兄は、洋楽、イギリスロック系が大好き。あとケルトアイリッシュ。でも、今はなぜか邦楽の方が多く聴いているようです。自分で音楽を創ってるからかな。(ネットで公開してます。個人で音楽活動をずっとしてます)

今は天国にいる下の兄は、クラシックが大好きでした。大学生ころから晩年は、現代音楽が大好きでした。下の兄も、自分で音楽を創ってました。(現代音楽のような自作の曲を、ネットで公開してました)

二人の兄が共通して好きだったのは、YMO! 当然私もYMO好きです♪

それぞれが車に持ってきたカセットテープを交互にかけてもらって、みんなでドライブを楽しんでました。

f:id:yosiokakanon3:20200204140358j:plain

私は、上の兄の音楽の影響をモロに受けてました。音楽の情報は、上の兄の受け売り! その中から、自分の好きなアーティストや曲を見つけて聴いておりました。

クラシックは、下の兄の影響を受けているかもしれませんね。(現代音楽は難しすぎてわからないのですが☆)

成長してくると、私も自分の好きな曲をカセットテープで録音し始めます。

そして、ドライブのたびに私も車に持ち込んで、かけてもらってました!←近場の移動にさえ、カセットテープは必携!

f:id:yosiokakanon3:20200204142606j:plain

カセットテープの編集、いわゆる「マイベスト」の作成、今考えるととんでもない熱量で作成してました……。

曲の分数を書き出し、テープの所要時間ぎりぎりに録音するのをよしとしてました!

しかも、A面B面ともにぎりぎり、余白の時間を極限までなくそうとして!

異様な情熱を燃やしておりました(笑)

そしてもちろん、曲のイメージで順番やらA面に入れるかB面に入れるか考えて作ります。(もちろん、なのか)

ドライブの際、最高の気分になるのを主な目的として……!(笑)

それから、好きな絵を切り取り、カセットテープに挟んで、オリジナルジャケットも作ってました。

思い返せば、超こだわってたな……!

昭和世代の方は、そういえば、やってたなあ、とうなずいてらっしゃるかも……!?

f:id:yosiokakanon3:20200204141327j:plain

ところが、CDが車でかけられるようになる新時代!に突入すると、私のカセットテープへの情熱も嘘のように消えてしまいました……。

(若い方はわからないかもしれませんが、揺れるのに車でCDかけられるということ、当初は衝撃でした!)

今では、ドライブにはCDです。

……そうです、私の音楽媒体は、CDで時代が止まってます……!(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200204143311j:plain

カセットテープからCDと変化はしましたが、今でも常にドライブには音楽、楽しくも幸せなひとときを過ごしております。

今日は、ゼブラヘッドを聴いておりましたよー♪(*´▽`*)

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス

f:id:yosiokakanon3:20200204185623j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200204185720j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200204185803j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200204185823j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200204185847j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200204185904j:plain

皆様も、素敵な音楽生活をお送りください♪

小説のキャラを描いていただきました!&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200202205259p:plain

こんばんは!

知識スキル経験を売り買いできる
フリーマーケット、「ココナラ」様にて、
イラスト制作&感想執筆サービスを出品されている凉波fk 様にお願いいたしまして、私の小説「天風の剣」のイラストを描いていただきましたーっ!ヾ(≧▽≦)ノ
↑上の超イケメン君は、ライネ君です。いやあー、素敵っス……(ノД`)・゜・。✨

f:id:yosiokakanon3:20200202210546p:plain

主人公、キアラン!! 渋いっ!ヾ(≧▽≦)ノうひゃー、かっこいいぞ!

f:id:yosiokakanon3:20200202210522p:plain

成長したルーイ君! すごくイケメンに成長しているーっ!(≧▽≦)

私が購入した、凉波fk 様の出品サービスは、小説を読んでくださり、そのご感想をツイッターで呟く+イラストを描いてくださるという超絶内容充実、素晴らしきサービスなのですが、その呟きの模様をホームページにまとめてくださるという、ありがたい特典までつけてくださいました!

余談ですが、購入の際、【BLカップリング妄想ツイート・BL作品投稿の可否】という質問事項がございまして、面白そうなので(笑)、ぜひに!、とお願いしてみました! レッツ、ボーイズラブ……! どきどき……!

そんなわけで、「天風の剣」のメンズがなにやら素敵世界に!?✨

しかし、私の至らなさで、華々しい世界(?)は特に繰り広げられてません(笑)

そのホームページはこちら♪( *´艸`)↓

http://ciaranwind.xyz/

そうかあ、シルガーさんは、そうだったのか……、とボーイズラブの世界の奥深さを垣間見た私でした!?

f:id:yosiokakanon3:20200202212437j:plain

先日、雪が十センチくらい積もりました。やはり、積雪量としては少ないです。

生活面では楽なのですが、本当に各方面への様々な影響が心配です。

f:id:yosiokakanon3:20200202212708j:plain

かご入りみーちゃん。かごの中にセーターなどがもこもこ入ってて、みーちゃんいつもより顔が出てます(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200202212830j:plain

これは、箱に入るみーちゃん。かごとか箱とか、好きなのねえ。

f:id:yosiokakanon3:20200202212929j:plain

みーちゃんとみかん。

猫さんは、柑橘系の匂いとか苦手らしいですが、みーちゃんは平気です。

みかんで遊びます!

f:id:yosiokakanon3:20200202213028j:plain

後ろ足でみかんを後ろに蹴りだす、ラグビーか!!(笑)

この後、みかんをテーブルから落として、みかんサッカーしてました☆

f:id:yosiokakanon3:20200202213211j:plain

謎の物体……!?←みーちゃんです(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200202213302j:plain

プリントアウトした「天風の剣」の上で寝るみーちゃん。

ファイルを広げた途端、こうなった(笑)

 

先日、朝のNHKの番組で、「ドバイ万博」というワードが出てきました。

私と旦那さんは、その瞬間、ほぼ同時に、

私・旦那「ドバイ万博?」

私・旦那「がばいばあちゃん!」

と叫んでました。

いや、 語感が、似てるなって……。

似てませんか!?(笑)ドバイ万博とがばいばあちゃん!

f:id:yosiokakanon3:20200202213821j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200202213853j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200202213929j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200202213952j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200202214011j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200202214037j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第44話「新たな四天王」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいですーヾ(≧▽≦)ノ

(実は、今日おでかけの予定だったため、昨日投稿してました☆てへぺろ

 

「まさか、あれほどの数の高次の存在たちが現れるとは――」

 

 漆黒の四枚の翼を羽ばたかせ、金の瞳を持つ黒髪の四天王――キアランの父母の仇――は、暁の空を飛ぶ。

 

「シルガー、そして、キアランめ……」

 

 黒髪の四天王は、一人呟く。

 

「カナフや高次の存在がうろついているとすると、面倒だ。やつらの始末は後回しにして、それよりまず、他の四聖を探してみるとするか――」

 

 バサッ……。

 

「む……!」

 

 黒髪の四天王は、空中で停止した。

 

「貴様らは……!」

 

 黒髪の四天王は、思わず驚きの声を上げた。

 黒髪の四天王の前に、まったく音も気配もなく、男女三人が突如空中に現れたのだ。

 男が二人に女が一人。

 三人のうち真ん中にいる男は、黒髪の四天王と同じように――、その背に漆黒の四枚の翼を有していた。

 黒髪の四天王が呟く。

 

「……貴様も、四天王か」

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/44/

犯行後のみーちゃんの、顔。

f:id:yosiokakanon3:20200128183119j:plain

こんばんは!

先日、みーちゃんがテーブルの上にあった龍角散のど飴を落とし、サッカー?をして遊んでました。

なんでも遊ぶんだなー……。

その龍角散の飴を、ピコ男子の石川ハジメ君と一緒に撮影しようとしたところ……。

またみーちゃん、龍角散のど飴を叩き落とします!

f:id:yosiokakanon3:20200128183329j:plain

↑叩き落とし、その後くつろぐの図。

f:id:yosiokakanon3:20200128183449j:plain

さらに、龍角散のど飴を落とされ、一人ぼっち?になったハジメ君の背後に忍び寄る猫影……!(忍者、猫影!←私は赤影世代ではありませんが)

f:id:yosiokakanon3:20200128183622j:plain

ちょい、ちょい!

……案の定、ハジメ君も落下……。

f:id:yosiokakanon3:20200128183719j:plain

犯行後のみーちゃんの、顔……!

「なにも知りませんよ、私は」

とシラを切ってるよーです!(笑)

f:id:yosiokakanon3:20200128183841j:plain

……悪い顔、してます……!(笑)

なんなんだ、この表情( *´艸`)別に叱ったわけでもないのに……。

f:id:yosiokakanon3:20200128184002j:plain

ちなみに、私が撮りたかったのは、こういう写真です。

(みーちゃんの足、写ってますが!)

みーちゃんのあんよ、内股なのがかわいい( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20200128184117j:plain

熱心にふみふみして寝床を整えるみーちゃん。

みーちゃんの寝床はたくさんあります。

 

先日、たぬきが我が家の庭の土を掘ってました。

ミミズでも探してるのかなー(謎)。

f:id:yosiokakanon3:20200128184307j:plain

旦那様撮影、風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200128184345j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200128184419j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200128184442j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200128184502j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200128184523j:plain

全国的に天候不順が続いておりますが、皆様体調管理にはお気を付けくださいませ。

みーちゃん、日曜討論を見る&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20200126181721j:plain

こんばんは!

今朝、誰もいないはずの部屋から、テレビの音が聞こえてきました。

まさか、と思ったら、部屋の中にはみーちゃん。

みーちゃん、テレビを点けてました!

しかも、日曜討論、LIVE……!(笑)

すごいぞ、みーちゃん! 我々がプリキュア、鬼太郎、ワンピースとアニメ三昧の中、日曜討論見てたのか……!( *´艸`)

えー……。実は、我が家のシャープのリモコン、めっちゃ感度いいのです。

リモコンがテレビの方と反対の方を向いていても、ボタンを間違ってちょっと押しちゃっただけで、テレビが点いてしまうという☆

留守中、みーちゃんがテレビを点けてたときも何度かあります。

f:id:yosiokakanon3:20200126182336j:plain

めっちゃお外を見るみーちゃん。

とはいえ、みーちゃんはテレビ自体はあまり関心がありません。

猫が映っていても、猫の声がしても、あまり反応しません。

テレビに関心を持つ、時には特定の人や画像に興味を示すにゃんこたちもいるようですが、みーちゃんは関係ないらしい。

f:id:yosiokakanon3:20200126182600j:plain

もしかしたら、誰でも一度は考えるかもしれないこと。

東の都だから、東京、じゃあ、北の都は……、と今朝一瞬考えました。

北京じゃん……!

南は……!

南京じゃん……!

そんなことを思っていたところ、旦那さんが、

「昔から、京都の地図をじいっと見ていて、そのあと、東京都を見ると、あれ、『ひがしきょうと』なんていう地名あったっけ、って思う」

と申しておりました。

誰でも……、考えたことありますでしょうか……?

f:id:yosiokakanon3:20200126183012j:plain

みーちゃん、カーテンボックスの上で寝ています。

f:id:yosiokakanon3:20200126183044j:plain

手、だらーん。

f:id:yosiokakanon3:20200126183108j:plain

久々に、足だらけ写真。

f:id:yosiokakanon3:20200126183140j:plain

旦那様風景写真です♪(以下旦那様撮影)

f:id:yosiokakanon3:20200126183211j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200126183227j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200126183311j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200126183330j:plain

f:id:yosiokakanon3:20200126183344j:plain

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー物語「天風の剣」第43話「生きる喜びを、私に」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 風がほどけた後には、なにもない。

 キアランは、呆然と立ち尽くす。シルガーから受け取った、謎の品を手にして。

 

「キアランさん……! 大丈夫ですか!?」

 

 アマリアが、キアランのもとへ駆け寄る。

 

「それは……!」

 

 アマリアは、キアランの手にしている物――シルガーから渡された、棒状の物――を目に留めていた。それから、アマリアは驚いた顔をした

 

「キアランさん! アステールは……!」

 

「アステールは……」

 

 キアランは、一瞬言葉を詰まらせた。アステールがいない、改めてその事実を突きつけられるようで、言葉にするのが怖かった。

 

「……高次の存在のところへ行ってしまった――」

 

「それで……!」

 

 アマリアはそこまで言った後、なぜか口をつぐんだ。

 

「アマリアさん……? それで、とは――?」

 

 唐突に、キアランは甘い香りに包まれる。

 アマリアが、キアランを抱きしめていた。

 

「アッ、アマリアさん……!?」

 

「キアランさん――! キアランさんが無事で、本当によかった――!」

 

 アマリアさん――!

 

「キアランさん……! アステールは、高次の存在たちのもとへ行ったのですね……! 彼は、きっと大丈夫……! 心配でしょうけれど、どうか、安心してください」

 

 思いがけない、甘いぬくもり。アマリアの体温が、吐息が、柔らかな感触が、キアランの魂を包み込む。それは、キアランを人間の世界、大地に立つ世界へと再び迎え入れた瞬間であった。

☆続きはこちらからどうぞ↓☆

https://ncode.syosetu.com/n7922fk/43/