ぼんやりと頑張る。

自作小説の執筆活動やらよもやま話

自己紹介などを☆

今週のお題「自己紹介」 小説書いてます♪

私は、小説をちまちま書いているパート主婦でございます。

楽しかった、面白かった、と誰かの心を動かすような小説を書くのが、夢であり目標です!

 

※当ブログには、「刀剣乱舞」の画像を時々貼らせていただいております。

(好きだから!! 大好きだから~!!)

刀剣乱舞の画像使用につきましては、

ニトロプラスの許可の上でニトロプラスの著作素材を引用しております。これらは他への転載を禁じます。」

ニトロプラス様、大変お世話になっております。これからも、楽しくて素晴らしいゲームをどうぞよろしくお願いいたします!! 続きを読む

宙に浮かんだお金。たぶん、永遠に?

f:id:yosiokakanon3:20181019080727j:plain

おはようございます!

ビットキャッシュにまつわる、ちょっぴり切ないお話です。

いや、少額ですし、ただただ私の管理が残念なだけなのですが☆

f:id:yosiokakanon3:20181019080910j:plain

ウェブ上で、個人の出品者様とやり取りできるとあるサービスのことです。

この出品者様のサービスを利用したい! と思い、そのサービスが利用できるサイト様にてビットキャッシュでサービスを購入しました。

そのサイト様自体は、とても優良で、私が大変お世話になっているサイト様です。そして、これからも利用させていただくつもりです。

代金は、大変リーズナブルな500円! お財布に嬉しいワンコインです。

出品者様とは数度やり取りがありましたし、ちょっとお手数をおかけするものなので、追加でおわびとお礼として、出品者様に200円をお支払いしました。それに対しては、出品者様から丁寧なお礼と感謝のメッセージが返ってきました。たった200円ですけどね☆

ところが、待っても待っても肝心のサービスが届きません。

まあ、個人のサービスだし、忙しいだろうし仕方あるまい、と思っていました。

そして数か月が経ち、これはキャンセルだろうなあ、とあきらめておりました。キャンセルでは、ちゃんと返金されますし、それも仕方あるまい、と。

(催促するのは好きじゃないし、なにより少額だし、無理めのお願いだったし、相手が個人だし、といったわけで放置してました。←そーゆーの、ほんとはよくないのかな?)

そこまでは、まあ想定内でした。

が!

実は、キャンセルとは、ビットキャッシュに返金されるとのこと……!

ビットキャッシュ、それは、コンビニなどで売ってる、小さな紙のカードにIDが入ってるものです。

私は、使用済みのやつは、紛らわしいから捨てちゃえー! とId入力後の決済済みのカードを、ばしばし捨てておりました……!

と、いうことは……!

捨てちゃったから、IDわからんから、お金使えんではないか……!

少額のことですが……。

ショック……!

だって、そのお金、私にも、出品者を紹介したお世話になってるサービス会社様にも、出品者様にも、ビットキャッシュの会社様にも、どこにも行かない、ウェブ上の宙に浮いてしまったお金なんですよ!?

誰かの手元に行くなら、まあいいか、と思えます。

誰かの、なにかのお役に立つなら。

例えば、サービスを提供できなかった出品者様に行くのでも、何度かやり取りをしてますし、お手間を考えるとまあいいか、それでもいいよ、と思えます。

ビットキャッシュの会社様でも、お世話になってるからいいよ、とも思えます。

もちろん、お世話になってるサービス会社様に行くとしても、おおいに納得できます。

だが、しかし……!

これは、誰にも引き出せない、宙に浮いたお金……!

たぶん、永遠に……!

そして、考えるのをやめた――。←ジョジョのカーズか!(笑)

もったいねえ……!

まあ、少額なんですが……。

f:id:yosiokakanon3:20181019083024j:plain

やはり、お金の管理は重要ですねえ。

完ぺきにやり取りが終了するまで、金銭関連のブツは絶対保管しとくべきだ、とあまりに当たり前すぎることを教訓として学ばさせていただきました。

ははは。

でも、個人の出品者様のやり取りは、ほんと楽しいし、そういう機会があるのってほんとありがたい。そこで生まれる貴重なご縁もありますし!ヾ(≧▽≦)ノ

キャンセルをくらう等の多少トラブルがあっても、懲りずにそういったサービス自体は利用し続けるつもりの私です。

今度は、出品者様にも私にも、お互いに気持ちのいいサービスを利用できるといいな(*´▽`*)

爪とぎは、みーちゃんのものです。&小説更新

f:id:yosiokakanon3:20181014174331j:plain

みーちゃん「これ、みーちゃんの!」

f:id:yosiokakanon3:20181014174413j:plain

みーちゃん「絶対、みーちゃんのだって! 絶対、あげないんだから……!」

はいはい。その通りです。

間違いなく爪とぎは、みーちゃんのものです!

「我々人間は、要らねえよ!」と旦那さんとうなずき合った、ある日の午後。

みーちゃんにとっては、大切な宝物のようです( *´艸`)

f:id:yosiokakanon3:20181014174927j:plain

四季咲きのバラさん。また咲いてくれました……! 旦那さん撮影です♪

今年はもう終わりかなあ、と思ってたので嬉しい驚き!

f:id:yosiokakanon3:20181014175035j:plain

これも旦那さん撮影、四季咲きバラさんの返り咲き? ピンクバージョン!

さっきの黄色いのと、このピンクちゃんと、たった二輪だけ咲いてくれました。えらいなあ、健気だなあ……!

f:id:yosiokakanon3:20181014175209j:plain

旦那さん撮影、庭にいた謎のカエル。

あれ⁉ こんなカエル、日本にいるの⁉ 初めて見た……!

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「旅男!」第140話「どんなときも、俺らしく」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです……!m(_ _)m

 

 辺りに広がる白い霧。

 心も体も凍り付かせてしまうような冷気に包まれていた。

 

「人間ども……! 一人残らずせん滅してくれようぞ……!」

 

 無数の骸骨の兵士を従えた、魔界の亡国の王女ビネイアの声が、不気味に響く。

 

 ドンッ……

 

「うわああっ!」

 

 血しぶきと共に、城門近くの兵士たちの首が、飛んだ。

 

「! なんてことを!」

 

 キースは「滅悪の剣」を手にし、ビネイア、そして骸骨の兵士のもとへと駆けだす。

 

「王女、ビネイア! 許さねえ!」

 

続きはこちらからどうぞ☆↓

https://ncode.syosetu.com/n6162dn/140/

 

忍び寄る魔の手&小説更新

f:id:yosiokakanon3:20181007180511j:plain

こんばんは。

旦那様が、「お人形の帽子にどうかと思って」と言いながら拾ってきてくれた、どんぐりの「へた」。

アゾン様のお人形、「ピコ男子」の石川ハジメに被せてみました!

すると、

f:id:yosiokakanon3:20181007180731j:plain

隣の部屋にいたはずのみーちゃんが、なにかを察したようでやってきました……!

私がハジメ君で遊んでたの、

なんでわかったー!?(笑)

f:id:yosiokakanon3:20181007180844j:plain

あっ……!Σ(゚Д゚)

f:id:yosiokakanon3:20181007180915j:plain

あああ……!

ころりん。

f:id:yosiokakanon3:20181007180938j:plain

ああああーっ!!(笑)

ばったーん!

f:id:yosiokakanon3:20181007181006j:plain

ちなみに、これがあのへたのフルセットどんぐりさんたちです(*´ω`*)

それにしても、みーちゃん、どうやって嗅ぎ付けてきたんだ……☆

f:id:yosiokakanon3:20181007181347j:plain

旦那様撮影、昨日の朝日です!(*´▽`*)

f:id:yosiokakanon3:20181007181429j:plain

爽やかな朝でした~♪

それにしても、こちらのここ数日の昼間は、夏に戻ったかのような暑さでした……☆

 

私のパソコンの表示が大きくなったり小さくなったりする現象の解消法を、旦那さんが見つけてくれました! ヨカッタ!(≧▽≦)

「ctrl+0」を押して治るようです! 知らんうちになんかのショートカットキーを押しちゃったんだろーか。よくわからんけど、解決法がわかってよかったです……!

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「旅男!」第139話「王宮騎士団」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいです!(*´ω`*)

 

「キース様が勝ったぞ……! あの恐ろしい魔族に、キース様が勝った……!」

 

「やはり、キース様は予言の救世主だった……!」

 

 キースたちの心境とはうらはらに、城門の兵士たちが、歓声を上げていた。

 

 ――俺は、そんな立派な存在じゃない……!

 

 キースは、叫びたい衝動にかられたが、唇を噛みしめ沈黙のまま、ただ歩いた。

 あれしか道はなかった、とキースは思う。

 ギルダウスが自分の信念を貫くのはわかっていた。

 他に方法はなかった、和解することなど不可能だった、とキースは思う。

 それでも――、キースの胸は張り裂けそうだった。

 キースを称える歓声が大きくなればなるほど、重たい澱のようなものが胸の奥に沈んでいくような気がした。

 

※続きはこちらからどうぞ(*´▽`*)

https://ncode.syosetu.com/n6162dn/139/

 

秋、カメムシとの戦い……!

f:id:yosiokakanon3:20181004203436j:plain

こんばんは。

気が付けば10月……!

今年もめっちゃ早かったなあ~。

秋。毎年我が家を悩ます恐ろしい生物がいます。

それは、

カメムシ」……!

強烈な臭いにおいを発する、強敵カメムシです……!

(まあ、結構我が家ではほぼ一年中見かけるような気もしますが、秋は特に数がすごいです!)

それはもう、大発生します! ひいいいいい……。

先日、洗濯物2、3枚に一匹の割合でカメムシがついてました……!(ノД`)・゜・。

もう、もう外干しの日は洗濯物にカメムシがいないかどうか念入りに確認せねばなりません……!

また、窓を開けてると、網戸があるにも関わらず、薄っぺらボディのあいつらは、窓のレールとか重なった左右の窓と窓の隙間から、余裕で侵入してきます……!

恐るべし……!

洗濯物にしがみついてたり、壁にはりついて潜んでいる厄介なやつら。それを取り外すにはどうしたらいいか……?

旦那さんがいいカメムシ捕獲方法を考案してくれました!

ピンセットです!

ピンセットで、カメムシの足を掴んで、外に放り投げます。ぽーい!

(※失敗するとカメムシの足だけがとれてしまうという恐ろしい事態も……)

結構、確実に掴めるのでこのピンセット作戦で助かってます。

外に出す前に臭いにおいを出されてしまうことも多いですが、これが我が家のベストなカメムシ捕獲術です。

ちなみに、今日もいたよ。今日も侵入されたよ。

旦那さんが申すには、

「やつら、頭がいいぞ」

とのこと。結構、隠れ方とか逃げ方とか、知性を感じさせるようです。

あと、死んだふりみたいにひっくり返ってたりとかしてる。きっと、「死んだふり」もやつらの作戦に違いない。

f:id:yosiokakanon3:20181004211811j:plain

ちなみに、みーちゃんは子猫時代にカメムシに痛い目にあわされたようで、カメムシは追いかけたり凝視したりしますが、自分から手を出しません。

「にゃっ、にゃっ、にゃっ!」と旦那さんに鳴いてカメムシの存在を教えます。

みーちゃんの報告で、初めてカメムシを発見することもよくあります。

(みーちゃん、えらい!)

f:id:yosiokakanon3:20181004212113j:plain

みーちゃんも、カメムシ大嫌いなようです。ほんと、みーちゃんのカメムシ発見能力?には感心します。ありがたや。

f:id:yosiokakanon3:20181004212148j:plain

みーちゃんも、あの臭いにおいは嫌だよね。

f:id:yosiokakanon3:20181004212332j:plain

だいぶ前に撮った、どんぐりと「ピコ男子」石川ハジメ君。

 

秋になる前は、「今年はカメムシ少ないなあー」と思ってたのですが、秋本番になるにつれ、とんでもない数のカメムシを見かけるようになりました。

今年もカメムシはハンパなかった……。

自分ケア! &小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20180930172956j:plain

こんばんは。

台風が近づいております。非常に怖いです……。

被害に遭った地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

これから接近の地域の皆様、最新の情報に注意して過ごしましょう。

f:id:yosiokakanon3:20180930173250j:plain

先日撮影した、アゾン様のお人形「ピコ男子」の石川ハジメ君と、みーちゃん。

なんだか、ほのぼのとあったかい写真のように撮れましたが、現実はそんなふうでもなく……(笑)みーちゃんの攻撃に常に注意しなければならないのでした(゚∀゚)

f:id:yosiokakanon3:20180930173733j:plain

先週から、歯医者に通い始めました……。

不穏な鈍い痛みで、これはきっと大変なことになるに違いない、とどきどきしながら診察台に座ってみると、思ったよりは軽く済んだようで、ホッといたしました☆

とはいえ、しばらくは歯医者さん通いです……。いやーん。

でも、「虫歯、大丈夫かな」と不安な日々を過ごしていたより、痛くても時間がかかってもお金がかかっても、治療が始まったほうがやっぱりいいです。安心感は、なにものにも代えがたいです!

そして、口の中の痛みとか違和感は、思った以上メンタルに負担をかけてたんだなあ、と改めて思い知らされました☆

 

今日は、ずっと行きたかった床屋さんにやっと行けました。そして、お顔そり(フェイスマッサージ付き)もお願いしました!

お彼岸も過ぎ、家事も仕事も忙しさが落ち着いてきたので、自分ケアの時間を持つことができました♪ いやあ、いいものです!

近所の床屋さん、良心価格ですごく助かります!

f:id:yosiokakanon3:20180930174939j:plain

体と心は共に影響し合います。

世界にただひとつの自分の体と心、大切にしなくちゃなあ(*´ω`*)

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様連載中のファンタジー小説

「旅男!」第138話「使命に向かって」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいですm(_ _)m

 

 鈍く重い感触が、キースの剣を握る手に伝わっていた。

 ずっと、戦うことを望んでいた。

 ずっと、勝つことを望んでいた。

 ずっと、倒すことを望んでいた。

 しかし、キースの瞳からは、涙があふれていた。

 

「ギルダウス……!」

 

 剣を握りしめた手が震える。乾いた口から絞り出した声は、なぜか自分の声のように思えなかった。

 涙でにじんで見えるギルダウスの顔は、かすかに笑っているように見えた。

※続きはこちらから(*´▽`*)↓

 https://ncode.syosetu.com/n6162dn/138/

 

 

栗と、中秋の名月。秋ですねえ!

f:id:yosiokakanon3:20180926133402j:plain

みーちゃんの、あくび。

f:id:yosiokakanon3:20180926133423j:plain

美味しそうに栗が実りました!

今年も、栗ご飯作るか~!

f:id:yosiokakanon3:20180926133645j:plain

栗と、「ピコ男子」の石川ハジメ君を撮影していたら、またまたみーちゃんが参加してきました☆

f:id:yosiokakanon3:20180926133838j:plain

栗より、ハジメ君が気になるようです。ちょいちょい。

f:id:yosiokakanon3:20180926133936j:plain

旦那様撮影、中秋の名月

f:id:yosiokakanon3:20180926134011j:plain

お天気が悪かったのですが、時折顔を出してくれたお月様。やはりとても綺麗です!

でも、昨日の満月は見られなかったなあ~。残念。

 

最近、ワードやブログで文字入力をしていると、勝手に画面表示が縮小されるエラーが頻発してます。なんでだ……。

スクロールでも縮小されちゃう。

すごく困るなあ~。100%表示から10%表示に変わっちゃったりします。

遠ざかる画面を見ながら、おおーい! カムバーック! と叫びたくなります。

この地味に困る謎減少、なんとか直せるんだろーか……。 

 

大忙しのお彼岸の中日&小説更新♪

f:id:yosiokakanon3:20180923203638j:plain

こんばんは。

今日は、お彼岸の中日。朝から忙しい一日となりました。

小説を投稿予定でしたが、果たして書けるのか⁉ とちょっと不安にもなりましたが、ちゃんとできましたよ~(*´ω`*)自分で自分を褒めてるとこ(笑)

f:id:yosiokakanon3:20180923204030j:plain

先日載せたみーちゃん&石川ハジメ君のおまけ(*´▽`*)

f:id:yosiokakanon3:20180923204143j:plain

みーちゃんのアタマ写真。載せない予定でしたが、私的にはツボってて、ついつい載せちゃう☆ こういう無駄な感じの写真って割と好きだったりします(笑)

f:id:yosiokakanon3:20180923204314j:plain

旦那様撮影、先日のお月様。24日の月曜日が十五夜、そしてその翌日が満月なのですが、結構満月っぽく見えるなあ。

それにしても、十五夜イコール満月だとずっと思ってたのですが、違うようですね。

知らんかったなあ~。

f:id:yosiokakanon3:20180923204635j:plain

旦那様撮影、カエルさん。

この、面構え!!(≧▽≦)

 

◆◆◆◆◆

無料小説サイト「小説家になろう」様にて連載中のファンタジー小説

「旅男!」第137話「剣士としての、自然な動き」投稿しました!

読んでいただけたらとっても嬉しいですー!m(_ _)m

◆◆◆◆◆

 

「レーヴィ!」

 

 雪原に倒れたレーヴィ。ギルダウスの鋼の翼によって斬られたのは、左腕だった。

 

「だ、大丈夫……よ。ただの、かすり傷……、よ!」

 

 レーヴィは手で腕を抑えたが、大きく裂けた傷口から、どくどくと血が流れ出る。「かすり傷」でないのは、誰の目にも明らかだった。

 

「レーヴィさん! 治癒の魔法を……!」

 

 ミハイルが雪の中を這うようにしてレーヴィの傍に近寄り、傷口に手をかざし呪文を唱えた。「退魔の杖」はミハイルの呪文に呼応し、レーヴィに向かってあたたかい光を投げかける。

※続きは↓こちらからどうぞ(*´ω`*) 

https://ncode.syosetu.com/n6162dn/137/